×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2004年12月の日記

<<前月の日記 過去の日記目次 次月の日記>>

2004/12/2  ティーン財産ズ

あんまり若い内に財産ためこむと、ロクな事ないよ。

気が付けばもう12月。早!
カートゥーンネットワークもクリスマス仕様になっちまっています。
って事はさ、あと一ヶ月で来年だよー。
うわああ、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ。
落ち着けって>オレ。

相変わらずアクセス解析を見て、一人で喜んでいるのですが、
最近ふとした事に気づきました。
各コーナーのアクセスなのですが、もちろんぶっちぎりトップは「KND」。
それはまあ解る。確かに書き込みとかでも人気あるし。
でもその次に多いのが「X-MENエボリューション」というのはどういうわけだ?
だって「ビリマン」より多いんだもん。なんか信じられないっす。

やはりあれかなあ、原作「X-MEN」とかゲームの紹介もしているのが
いいのだろうか?そうなのか?
いやもしかして…ツッコミXが大人気とかっ!
落ち着けって>オレ


2004/12/3  ティーンジャイアンズ

かっこいいジャイアンが大活躍。ジャイアンのくせに!

お知らせ。デクスターパパの声を担当されている山本尚弘さんが、
舞台に出演されています。タイトルは「テロしちゃうぞ?
日曜日まで公演中なので、興味のある方はどうぞ。

さっきチャンネルnecoをつけたら「流星人間ゾーン」をやっていた。
おそらく自分がこれ見るのは初めてだと思うし、噂としては、
あまりいい出来の作品では無いと聞いていたのですが…
意外とカッコイイじゃないのさ!
オープニングの子門真人がムダにかっこいいよぉ!
「流星ミサイルマイト」がカッコイイよう!
う〜ん、でもこれはあれだ。最初の方だからまだ予算があったんだろうな。
これからどんどんとしょぼく…いや、それは言うまい。


2004/12/4  ティーンラインダンス

そろそろどうでも良くなってきた。

更新。まずはトップ絵をナンバー5にしてみました。
あと「元ネタ探偵団」のカートゥーンに一個追加。それとギャラリーの「CG」にも一枚追加です。
なんかナンバー5ばっかり描いてしまったけど、これは一体どういうことか?
まあいいとしようか。

本屋に行ったら「家政婦パタリロ」と「パタリロ源氏物語」なんてのを発見。
そんなのあるんだ。でもさすがにどうしようかな…?
いい加減本棚もいっぱいだし。ただでさえパタリロは80冊近くあるわけだし…。
とりあえず様子見という事にしておこう。


う〜ん、本当はこういう事を書くのもどうかと思うんだけど、でも現状を見ると、
どうしても一言いっておきたい、という気もする。という事で、カミングアウトしますけども…

すまん、「ティーンタイタンズ」が面白くない…。

いや「つまらない」とは言わないけど、正直「普通」というか「微妙」な出来。
他のサイトや掲示板とかで「面白い!」「最高!」とか言っているのを見ても、
「…本当にそうなのか?」とずっと疑問に思っておりました。

まあ「期待はずれ」な部分はあると思うんだよねえ。
それこそ放送前から、ずっと話題にはなっていたわけだし。
キャプチャ画面とか見て、あれこれ想像していたから、そういった部分との
「ずれ」はあるんだと思う。それにしてもねえ…。

前も書いたと思うけど、まず音楽がどうにも画と合ってない、というか軽い。
戦闘シーンとかの音楽が、どうも迫力無いんだよなあ。
あとアクションも、いまいち爽快感が感じられないのですよ。
なんつーかなあ、ムダにアクションシーンが長いんだよね。
もっとこう、短くまとめられるだろう!みたいな。
五人が弱いのはまあ許すんだけど
(もっとも「弱い」んじゃなくって、「弱すぎる」んだっていう説もあるけれども…)
たった一人の相手に、一人ずつ順番に行くなよ!それは弱い、弱くない以前の問題だろーに。
なんかですねえ、全体的に「意外性」が無いんですよ。
ある程度、展開が予想できちゃうというか。
カートゥーン独特の「なんでそうなるの?」的な展開もあるけど、それもなんだか
「はぁ?」みたいな感じで、逆にしらけちゃう事が多い。

ちょっと具体例書こうかな。ネタバレあるんで、反転してね。
アクアラッドが出る話。最初にアクアラッドだか誰だかが
「ヤツ(名前忘れた)は分身の術のようなものを使う」
としっかり言っているにも関わらず、その後でアクアラッドとビーストボーイが
「ヤツはこっちにいた」「いやこっちだ!」でケンカするのってどうなのよ?
それからレッドエックスの話、悪いんだけど、レッドエックス=ロビンって
すぐ解ってしまったよ…。まあそれはいいよ。だけどその後で、
スレイドとの通信を終えた段階で、視聴者にレッドエックスの正体をばらすのは
ちょっと早いだろ!だからその後で、スターファイヤーがホログラムに
気付くシーンが、なんにも役に立ってない。
それでいてその後、サイボーグ達が乗り込んできても、まだサイボーグ達は
レッドエックスの正体を知らないという…。スターファイヤーは飛んでいる間に
説明とかしなかったわけ??いくらなんでもそりゃないだろう?
だからここはですねぇ…

レッドエックスとスレイドの通信(まだ正体は見せないが、怪しい所は出しておく)
   ↓
スターファイヤーがホログラムの秘密に気付く
   ↓
スレイドとレッドエックス。だがスレイドがレッドエックスの仮面をはいで、
視聴者にレッドエックス=ロビンをばらす。ロビンピンチ!
   ↓
そこへ事情を知ったサイボーグ達がかけつけてくる。
「なんで言ってくれなかったんだ!」くらいのセリフを言わせる。

っていう展開の方が、全然スッキリすると思うんですが、どうでしょうか?
ちゃんと「仲間を信じられない」というラストにもつなげられるし。


なんか絵が日本アニメちっくだから、余計にそういう所が気になるのかなー。
でも気付いたんだけど、これがやっているジャパニメーション表現って、
大体3〜4年位前に、日本で主流だった表現じゃない?
その頃って、丁度自分が日本アニメを見限った頃なんだよね。
「こどものおもちゃ」とか「メダロット」とか、当時わずかながら見ていたのが、
丁度そういう感じだったんだよねぇ。

しかしあれだね、つくづく思うに自分って「キャラ萌え」の人じゃないんだよね。
だからストーリーとか、そういう所に注意がいってしまう。
でもキャラクターもなあ、正直どうなんだろうか?あんまり魅力を感じないんだよね…。

まああれこれ書いてきたけど、結局のところ自分とワーナー系作品はソリが合わないのですよ。
ウチで扱っているカートゥーンを見てもらえば一目瞭然なんだけど、
ワーナー系って「ピンキー&ブレイン」しか無いんですよね。
それ以外は、ほとんどがカートゥーンネットワークオリジナル。
どうもワーナーの「タイニートゥーン」とか「ムーチャルーチャ」とか
「ダックドジャース」とかって、見ていても余り面白さを感じないんですよね。
ぶっちゃけた話、「ピンキー&ブレイン」もマニアックな話とかは好きなんだけど、
そうでない、普通の話とかはそんな好きってわけじゃない。
「ジャスティスリーグ」とかのヒーロー物は、まあ好きですよ。
でも「全部録画して見てやるっ!」ってのはまず無い。今までの所「ジャスティスリーグ」だけか。
それも、やっぱりあのすさまじいストーリー展開があったからなんだよなあ。

というわけで、もし他に「実は自分も面白くないと思っていた!」という方が
いらっしゃいましたら、遠慮なく掲示板ででも名乗り出てください。
とりあえず、ウチではそういう方は受け入れようと思ってますんで。


2004/12/5  小二ブラボー

小二並の知能で、ふっはっ!(まあ実際そんなもんだが)

今日はデクスターパパこと、山本尚弘さんが出演されている舞台
テロしちゃうぞ」を見てまいりました。
うん、なかなか面白かったです。設定とかは、今までで一番良かったかも。
それだけに、あのラストはちょっといただけなかったけど…。まあ良しとしましょうか。
しかしたまには、こういった舞台観劇ってのもいいですね。
やはりライブの迫力ってのは、また違ったものがあるのですよ。
あー後楽園遊園地で握手してこようかなぁ(オイオイ)。

その後、ホビダスを片手に高円寺へ新しいグッズショップを探しに。
やはりガイド誌があると、難なく見つかりますねー。
店はとてもきれいでいい感じ。でもラインナップが、やはりというか当然というか、
ディズニーが中心。若干アメコミ系があったけど。
まあでも、こんなもんだろうな〜。

今、BGMで「こどものおもちゃサウンドトラック」を聞いているんだけど、
すげ〜懐かしい〜な〜。ちょっと感動。紗南とか羽山って今何歳くらいなんだろ?
もう20歳は過ぎたか?まだ早いか。せいぜい18歳くらいか?


2004/12/7  場違いなり!

カートゥーンネットワークに長井秀和とは、場違いなり!

友人連中にやる年賀状、ほとんど完成しちまいました。
住所もほとんど書いたんだけど、中には住所が解らないのもいるので、
そういうヤツには、メールして問いただしているんだけど、
どうも素直に返事が返ってこない。さすが我が友人だ。一筋縄じゃいかねい。

でもあんまり早く年賀状を作ってしまうと、何か間違えているんじゃないか?
という脅迫観念に襲われてしまう。例えば「2004年」にしているとか。
確認はしたはずなんだけども…。


2004/12/8  来たー!サムライ

サムジャ復活を喜ぶファンの叫び。でも新作は無い、残念!
…ところでぶっちゃけワシは「ギター侍」なるヤツの存在を知らなかったんですが、
そんなに流行っていたのでしょうか????

ネット巡りしていたら、こんなソフトを発見した。
スキャンされたイメージデータを編集可能なラインアートへ自動変換するインテリジェントツール
つまり自分で描いた絵を、イラストレーターなどのベジェ曲線へと
変換してくれるソフトってことか。うわー便利そう!
アドビにしては良心的な価格(笑)なので、今度の給料で買ってみようかしら?
…いやちょっと待て。本当に必要か???

実際問題として、イラレって印刷とかをする人には、かなり必要なツールだけど、
自分みたくWEBを中心に生きている人間には、せいぜいボタンを作るとかくらいしか
使い道が無いツールだからなあ…。
それにどうせ最終的に色を塗ったり、背景を合成したりする作業は、
フォトショップでやるわけだから、そうなるとイラレの特徴である
ベジェを放棄することとなり、結局は同じことになるわけか…うむむ。

無理矢理使うとしたら、描いた絵をベジェにして、
それをフラッシュに持っていって、アニメにする、ってくらいかなあ?
うーん、冷静に考えると使い道が無いな、こりゃ。


2004/12/10  飛んだりつらいっす

いくらスパイだからと言って、飛んだり撥ねたりはつらいっす…。

ネットを見ていると、時には今まで知らなかった事、解らなかった意外な事が
解る事が多々あります。それはいい事である場合ももちろんあるんだけど、
でも時として、実は自分がとんでもない脅威にさらされているって事もあるのです。

「DHMO」という物質をしっていますか?詳しくは「DHMOに反対しよう」に書いてあるのですが、
「DHMO(DihyrodogenMonooxide)は水酸の一種」だそうでして、
「無色、無臭、無味の化学物質」だそうです。それでこいつは「比較的古くから工業活動に使用」
されており、「その使用量は増加して」いるそうです。
だけどこの物質は実は「毎年無数の人々を死に至らしめて」いるそうです。
例えば「偶然液体状のDHMOを吸い込んだ」りすると死亡に至るそうです。
また「固形状態のDHMOに接触すると身体組織に激しい損傷を来たす」そうです。
そしてこのDHMOは「末期癌患者から採取した癌細胞」や「南米で採取された酸性雨」
などに大量に含まれているそうです。
さらには「温室効果」や「地表侵蝕」にも深く関わっている物質なのだそうです。
だけどこれらの事実にも関わらず、このDHMOは「利用され続けて」いるそうです。
そして「使用済みのDHMOを河川、海洋に投棄して」いるのだそうです。

以上の事は全て事実です。皆さんはこれについてどう思いますか?
やっぱり「こんな恐ろしい物質は、このままじゃいけない!」と思いますよね?
やはり政府に対して、DHMOについての利用を規制するよう
呼びかけたりする方がいいと思ったりしませんか?

実は自分は…ぜーんぜんそんな事思っておりませーん。

まあ種明かししちゃいますと、というかリンク先のページにも
しっかりと書いてありますし、結構有名なネタだから知っている人も多いかと思いますが、
この「DHMO」なる物質の正体は…「水」です。
確かに「無色、無臭、無味」で、「吸い込んだり」すると溺れてしまいますな。
「固形状態のDHMO」ってのは、つまり氷。確かにうかつに触ると凍傷おこしますわ。
もちろん「癌細胞」や「酸性雨」にも含まれているわけで。

まあつまりですね、こういった印象や感情だけに頼った判断ってのは、
とても「危険」だって事です。どのようにも操作できる、ってのは
十分理解いただけたかと思います。
大切なのは自分の頭で考えること。「自分は正しい事をやっている!」
と思っている時が、実は一番危なかったりするんですよねぇ。

オマケ
googleで「大量破壊兵器」で検索すると、トップに出てくるページ
わはは、いいセンスしているのう。


2004/12/11  サムジャないか

そろそろ新作やってくれてもサムジャないか♪サムジャないか♪

ゴジラ FINAL WARS」を見てまいりました。
…と言っても、ここ数年さすがにゴジラ自体がかなりつらくなっており、
去年一昨年と、映画館に見にいかなかったのですよ。
でもまあ今年は「最後」らしいから、せめて最後くらい看取ってやるかと
(…でも数年前にも最後といいつつ、しっかり復活したからなあ…)。
まあそういうわけで行ってきました。
だからまあぶっちゃけ、大した期待はしてなかったんですよね。それが…

…なんですか、この映画わ???

なんといいますか、非常に「おバカ」な映画になっていたのですよ、ええ。

轟天号艦長を演じるドン・フライが、どういうわけか玄田哲章吹替えだし。
人間と怪獣が肉弾戦繰り広げちゃうし。
ストーリー展開もかなり強引だし。
それでいてムチャクチャテンポ速いし。
出てくる怪獣は、ほとんどが瞬殺されてるし。
もうツッコミ所だらけなのですよっ!!
でも…でもそれが逆にいい!

というか、そもそも怪獣映画なんて「バカバカしい物」じゃないのか?
でっかい怪獣が出てくる段階で、科学的考証だの、リアリティなど、
そんなもの求めてはいけないのですよ。もう徹底的に怪獣プロレスを楽しめと。
そう今回の映画は「怪獣K-1」なのですよ。
だからヘドラの出番が一分程度しか無くても、それはそれでオッケー!

というわけで、個人的には「最高!」の出来でした。
なんかこれ「マニア置いてきぼり」な映画な気がする。
一般人にはかなりウケが良さそうだけど、
ゴジラに対して、思い入れがあればあるほど、受け入れ難いかも。
でもそこを楽しめれば、ムチャクチャ楽しめる「快作」ですわ、これ。
まさに「エンターテイメント」に徹しておりますです。
だってゴジラの放射火炎で、大気圏外の隕石をぶち壊すんですぜ?
もう楽しまないと、損ですがな!

ぶっちゃけ、ゴジラってその存在自体が一種「神格化」されすぎていたと思うのですよ。
なにしろ原爆実験で生まれたという、その悲劇性、神秘性からどこか
「真摯に」取り組まないといけないような雰囲気があったし、
今までの作品も、そういったスタンスで作られていたと思う。
でも今回はそんなゴジラをぶち壊し「楽しめればいーじゃん」」的なスタンスで
作られているのが、とても新鮮でいいのですよ。
でもそうだよ、映画である以上は、まず「客」を楽しませないと。
なんだか偉そうなごたく並べて、ちょっと説教入れて、マニアが喜ぶような物ばかり
作っていてはいかんのですね。

もう見ながら「おいおい、なんだよそりゃ?」と叫んだり、
ギャグのシーンで大笑いしたり、拍手したり、そんな見方をしたくなる映画ですわ。
あ〜、もう一回見に行きたい映画なんて、すげー久しぶりだわ!!

そんなわけで、今日の締めの一言

「ガァァァイガァァァン 起動ぉぉぉぉぉ!」


2004/12/12  サムラ胃弱

拙者、冷たい物を食べると、すぐにお腹をこわしてしまうでござる。

実験がてら、ペインターで色を塗ってみることに。
うーん、まぁまぁいい感じか。もうちょっと時間のある時にでも、
じっくりと勉強して、少しずつ慣れていこう。面白い物が出来そうであるし。

「X-MENエボリューション」のキャラクターページの解説を少々修正。
…とはいえ、この元ネタを解る人はいるのだろうか?
かなーり少数派だと思うんだが。

そういえば今日から「サムライジャック」が復活だっけ。
これで新作もやってくれれば、言う事無いんだけどもなぁ。


2004/12/15  スコット・さまぁーず

目からビームかよっ!

気が付けば、もう12月も半分過ぎ。早!
…まあ年賀状関連はほとんど作業終了してしまったので、
ある程度の余裕はあるからいいのだが
(と言っても、でかいのが一つあるんだけどねぇ)。

CNサイトが更新されたけど、なんじゃこれ?
日本アニメ増えてね?
いや「タイムボカン」やるのは知っていたけど、
「カードキャプターさくら」の映画とか、それ以外は
知らなかったから、余計くりびつてんぎょう。
うーん、一時日本アニメがかなり減って喜んでいたのもつかの間、
また増えるとは…何を考えているのやら。
いや「タイムボカン」とかはいいんだけどさ、
それ以外が…なんだか微妙だぁね。
つか増やすんなら、もっとカートゥーンちっくなのにすればいいのに。
「風船少女テンプルちゃん」とか「ポールのミラクル大作戦」とか
「けろっ子デメタン」とか「樫の木モック」とかさぁ。
というか、非常に個人的意見としては「メダロット」やってくんねぇかなぁと。
以前ゲームの方のCM流していたから、やってくれてもいいと思うんだよな。

いや面白いよ「メダロット」。ただし無印の方。
「メダロット魂」はダメです。あれはどうやら無印「メダロット」とは
パラレルの話だったようです。でもなー、正直どうなんだろうなー。
続編のようなタイトルで、キャラクターや設定の一部を
流用していて、しかもキャラクターデザインがまるで一緒。
声優も一緒のアニメが、果たしてパラレルでいいのだろうかと。
まあどうやら色々な「大人の事情」があったようなんですけどもね。

来年の仮面ライダー、「仮面ライダー響鬼(ヒビキ)」。
最初噂を聞いた時は、敵怪人を「太鼓を叩いて」倒すという事だったので、
「東映は正気かっ?」と思ったのですが、
こうやって見ると…結構カッコイイじゃんか!
しかも設定やらなにやら聞く限りでは、結構面白くなりそうな予感。
なにしろ「カーレンジャー」や「クウガ」の高寺プロデューサー返り咲きらしいからなあ。

今年のジャンプフェスタ
なんかキャラクターがカートゥーンちっく。
こうやってじわりじわりとカートゥーンが浸透していくわけですな…。

昨日あたりから「X-MENエボリューション」と入れ替えに、
「サムライジャック」のヒット数がアップしてきたような感じです。
まあ当然と言えば当然か。
是非この勢いに乗じて、残りエピソード26本をやってほしいものですなぁ。


2004/12/16  アレックス・さまぁーず

弟は手からビームかよっ!

「はてなダイアリー」の「ホーム・ムービーズ」の記事。
「ブランドン・スモールによる自伝的アニメ」となっているけど、それ違うだろ?
確かに主人公の名前は「ブランドン・スモール」で、
監督本人の名前だけども、でも「自伝」では無いはず。
言うなれば自分の名前を、キャラクターとして使っただけ。
手塚治虫で言う所の「バンパイヤ」とか「サンダーマスク」みたいなもん。
それにもしこれが自伝なら、彼とプロデューサーのメリッサは
幼馴染って事になってしまうわけで。
まああえて弁護すれば、自分の体験が作品に影響を与えている可能性はある。
ただ、そんなのは「作品」と呼ばれる物ならば普通なわけであり…。

この「はてなダイアリー」をちらほら見ていると、他にも
カートゥーンについての解説があったりして、かなり興味深いのですが…
どうもウチの記事を参考にしているような個所が、いくつか見られます。
いやいいんですけどね。自分も他のサイトを参考にしたりするし、
基本的にネット上の情報なんて、ある意味「共有財産」ですし。

そういえばネット上の百科事典「ウィキペディア」に、
やはりホムビの事が書かれていたんですが…
それも、ウチの記事からの写しだったっけ。
ある程度は編集しているんだけど、もうバレバレ。
キャラクター紹介とか、全話リストとかもうそのまんま。
さすがに苦笑しましたとも。

ところでこの「ウィキペディア」ってのは、どうやら
何の権限も持っていない、つまり我々のような一般市民でも
あれこれと書き込む事が出来るらしい。
だったらいっそ他のカートゥーン、例えば
「デクスターズラボ」とか、自分で書いてしまうってのもアリかも!


2004/12/18  大中小ターガン

色んな大きさの怪獣を取り揃えています。

まずは更新。トップ絵をクリスマスっぽくしました。それからリンク修正。
黒イルカさんの「CN Art Gallery」が「CARTOON IMAGE GALLERY 」になって、
アドレスも変更です。あと元ネタ探偵団カートゥーンにいっちょ追加ね。

今日もまたオフ会ですよ。まず原宿を回った後で、
阿佐ヶ谷へ行き、ラピュタ阿佐ヶ谷のアニメーションフェスティバルへ。
そこで「くもとちゅうりっぷ」などの、昔の日本アニメを鑑賞しました。
ううん、この頃のアニメって動きに「色気」があるよねぇ。
ストーリーとかも、未完成を通り越して「シュール」の域に達していました。
まあそれは今現在の目で見るからこそなんだろうけども。

それはそうと、今日原宿のブリスターで知ったんだけど、
「クローン大戦」のトレカなんて出てるんですね!知りませんでしたー。
早速三つばかり購入。ついでに以前から気にはなっていた「ジャスティスリーグ」のトレカも
二つほど購入。帰宅して開封してみました。
うーん…この出来は、例によって微妙だなー。
相変わらず、画面からそのまんまキャプチャで、微妙に画面が
ボケたりしてしまっている。それに静止画で見ると、カートゥーンって
意外と魅力無いのよねぇ。やはり動くために作られた絵って事なのかな。
サムジャのトレカは、まだ紙にすごく気を使っていて、それで良く見えたので、
買う価値はあったんだけど、これは特に集めようというモチベーションが
起きるレベルじゃないっすな。まあ裏面に設定画らしき物が
描かれているのが、ポイントと言えばポイントなのかも。

それよりもですねー、原宿行ったらどこもかしこも「ジャックさん」ばかりなのですよ。
至る所に「ジャックさん」グッズばかりあって、はっきり言って邪魔。
もっと他のグッズが見たいよー、てなもんです。

ちなみに「ジャックさん」ってのは、「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」の
「ジャックさん」なので。誤解無きよう。


2004/12/19  半裸バーベラ

実際「半裸」どころの騒ぎじゃないんですけどね。
だってクマゴローなんて、全裸に帽子とネクタイと襟だけですよっ!?

今日はさすがにクリスマス前最後の日曜日とだけあって、
町に人が溢れかえっておりました。ふぅ。

全然関係ないんだけど、最近携帯電話の電池がすぐ切れちゃって。
そもそも自分は現在、仕事場では携帯の電源を落としています。
何故かというと、仕事場はものすごく電波状態が悪くて、
つけていても役に立たないのです。それに加えて実は携帯電話というのは
「圏外」表示の時が、結構電気を消費するんですよね。
携帯電話は「圏外」になると、なんとかアンテナを立てようとして、
あちこち電波を探すのですが、それがかなりの電力消費なのです。
だったらいっその事、切っていた方がいいってわけですよ。
そういう状態なのにも関わらず、3〜4日で電池が無くなってしまうんですよねぇ。
もし一日中つけていたら、2日ともたないんじゃないか、これ?
…まあこの携帯も買って3年近く経つからねぇ。
いい加減、電池が衰えてきているのかも知れないよねぇ。
じゃあ電池だけ変えようかな、と思うんですが、だったらいっそ
新機種に変えた方がいいのかな、とも思ったり。
だっていつぞやのオフで知ったんだけど、もう写メールできないの
自分だけなんだもん!
でも写メールするくらいなら、まだデジカメ買った方がいいよなあ、とか思い始めて。
そうなるともう悪循環。そもそもデジカメなんて買っても使わないだろうし。
せいぜいグッズの写真を撮るくらいか、お絵かきの背景用資料を撮影するくらい?
だったら写メールの方が安上がりだよねぇ…。


2004/12/20  ちょっとしたミスティーク

彼女の人生は、常にミステイクがつきまとっているような気がするが。

カートゥーンネットワーク1月の番組表が発表。
…あのー、また曜日毎編成が復活ですか?
まあその方が色々番組が見れていいんだけど、でも実質TOONAMI枠だけか。
どうせならもっと「カートゥーンズ」を増やしてほしいよね。
なにげに「X-MENエボリューション」が返り咲いているし。
おっと「KND」が毎日放送になりましたねぇ。力入ってるな。
良く見ると、こっそりと「ホムビ」が復活してますね!新作への布石か?


2004/12/22  ブロブのブログ

まあ「ブログ始める!」と言ったまま、ストップしている人とかいるわけだが。

やはり年末が近づくと、どうしても忙しくなるもんですなぁ。
ぶっちゃけ最近CNを、ろくすっぽ見てないし。
「メラメラクリスマス」とか、ちーともですよ。
まあ「パワパフ」も「ジョニー」も、去年見たからいいんだけども。
「タイタンズ」も全然見てないです。
もっともそれは、ただ単につまらないからなんですが。

しかも明日は休日だと言うに、仕事に行かないとならねーですよ。
まぁ名目上は「大掃除」らしいんだが、しかしねぇ。
とは言うものの、普段は休日出勤なんて無い会社だから、まあいいんだけどもさ。
皆も就職する時には、休日出勤の有無を確認しようぜ!


そういえば1月の放送スケジュール、良く見ると
カートゥーンズは、一日四回リピートなのね。
いくらなんでも多すぎじゃない?
一日二回でいいから、その分他の作品放送してよ。
特に昔のハンナ作品とかさー


2004/12/23  老眼のローガン

まあ実は教授より年上ですしねぇ。

というわけで休日出勤ですよ(大掃除とも言う)。あーちかれた。
さらに夜は夜で、大学時代の友人連中と飲み会。あーバカばっか(笑)。
そんなこんなで、CNなんかまるで見ていません。
メラメラクリスマス?知ったこっちゃ無いですよ、ええ。
…せめて年末の一挙放送時には、なにか見ておきたいなぁ…。


2004/12/24  クリスマスハーディ

せっかく楽しいパーティーも、ハーディがいるせいで、やんなったう。

さきほどすれ違ったカップルが「スポンジボブが…」という話をしておりました。
おいこら、ちょと待て!どーいうシチュエーションでそうなるんだ?
こら待てよ、待てったら〜!!
…という感じのクリスマス・イブです。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて今日は、このサイトをご覧になっている方から
メールをいただきましたので、簡単にご紹介したいと思います。(一部編集アリ)

「初めまして。私はX−MENエボリューションが大好きです。
このサイトもすごく気に入ってますが一つだけ文句いいですか?

スコットに突っ込まないで下さい!

(後略)」

…いやその…えーとですねぇ…。まぁその〜…(汗)。
え〜っと、確かにウチの「X-MENエボリューション」コンテンツには「ツッコミX」
なるコーナーがありますよ。それでスコットには、バリバリとツッコミを
入れさせていただいております。
でもですね、それは決してスコットが嫌いだからでは無いのですよ。
いやむしろ、スコットが好きだからこそ、あえて突っ込んでいるのですよっ!

確かに彼には奇行…ゲフゲフ、お茶目な行動が多いです。
それはさすがにリーダーとしてどうかと…いやまあそのですね(汗)。
つまり、彼に立派に成長してほしいがために、あえて苦言を呈しているのですよ。
期待が大きいがゆえの「愛のムチ」なのですよ。
そういった意味では「ブログはどうなったの?」と同じなんですよ
(追い討ちをかけるのは止めましょう)。

でもあれですよ、新シーズン分の解説を見ていただければ
解ると思いますが、スコットへの突っ込みが、極端に減っていますでしょ?
いや新シーズンでの彼の成長は、素晴らしかったですよね!
「X-MENエボリューション」の主役は、まさに彼だと思います!(と話を逸らす)

…まあ実際問題として、あの「ツッコミ」を楽しみに当サイトを
見てくれている人もいるんですよ、ここだけの話。
ですので、皆様もあまり難しいことを考えずに
気楽に当サイトを楽しんでいただければ幸いです(ふ〜、まとまったぞ)。


2004/12/25  嘘から出たスコット

昨日の日記参照(オイオイ)。

今日は「略してサムジャ」の、風灘さんがわざわざ愛知方面からいらしたので、
自分以下数名でお会いしてきました。

なんでも風灘さんが住んでおられる辺りには、カートゥーンのグッズなんか
ほとんど売っていないようで、ではという事で、あちこちグッズを見せてまいりました。
やはりこういう時の最初の反応というのは、皆面白いように同じで、
どうしても大量に買い込むんですよね。まぁ仕方ないんですけども。
それにしてもサムジャカードを買い占めるあたり、さすがだ!と思ったり。
「ジャスティスリーグ」のアメコミばかり買い占めるあたり、すごい!と思ったり。

それはともかく、風灘さんはどうやら「シャドウレイダース」にハマったせいで、
3DCGの専門学校に通い、お勉強をされていたそうです。
それでシャドレイ、リブート、ビーストウォーズなどに関連する3DCGの話を
色々と聞かせていただきました。やはり自分で作っている人には、
「ここはこうやっているんだな」ってのが見えているようですね。
そういった意味では、いつもの「ファン同士で語るカートゥーン」というよりは、
「製作する側から見たカートゥーン(主に3D)」という感じで、
ちょっと面白かったです。

ところで、中野でこんなトレカを発見しました。
さて一体なんでしょう?



かなーり解りにくいと思いますが、実はこれ「JQ」らしいのです。
厳密には「The Real Adventure of Jonny Quest」ってシリーズらしいのですが。
なんかねぇ、JQとかハッジとか、成長しちゃってすげぇアメコミちっくなんですが。
ちなみに下段の左からJQ、ジェシー(レイスの娘)、ハッジ、レイス、クエスト博士、バンディ、
という構成になっております。バンディいるんかい!
製作は96年くらいらしいんだけど、どんな話なんだろー?
すげぇ気になるんですが。
ちなみにこちらは、クエスト博士拡大図。



誰やねん、この人?

…というか、いままで散々中野へ行っていて、何故誰もこのトレカの
存在に気付かなかったのか?それはやはり「愛の差」なのかしらねぇ?

そうそう後新宿に「HiHi Puffy」のCDがあったよ。
「TEENTITANS」の曲とかも収録されているやつ。
一瞬買おうかと思ったけど、ちょっと様子見。
でも冷静に考えると、これもいずれはカートゥーンのサントラ集って扱いになるんだよなあ?
買っておけば良かったか?

年内にあと二つほど、大きなイベントがあります。
あうー勘弁してほしいけど、でも自分で決めた事だ。踏ん張っていこうかね…。


2004/12/26  ロシーです

レギュラーかと思っていたら、ゲストでした。ロシーです。

えっとクリスマス絵って、いつまで飾っておいていいものなのかな?
いやでもさ、実際問題としてクリスマスが終わってから一週間で正月になるわけじゃない?
そうするとすぐに正月イラストになるわけで、そうなると間のイラストが
勿体ないじゃないのさ。ねぇ?だから正月までこのままにしておくんで。

昨日話した「JQ」のページはこちら
でも英語ばっかり。解読してみてね。
ちなみにハッジは16歳という設定だそうで。うーむ。
でもちょっと調べてみると、これと同じ年にいわゆる
「ニューアドベンチャー」の「JQ」作られているんですよね
(ちなみにこういうのを調べるときには、同人誌「TOON GUIDE」が
超オススメです!是非あなたのお手元に!)。
なんか「JQ」の記念年かなにかだったのかねぇ?


2004/12/27  博士です

みんなから「ロリコン」とバカにされます。博士です。

今日は仕事納め。ばんじゃーい。
本当は30日から休みだったんだけど、私の部内で
「せっかくだから有給を使って、もう二日ずつ休みを取ろう!」
という話になり、まずは私がその恩恵にあずかったのです。
でもですねー、明日から休みってその日に、仕事を大量に入れてくるんじゃないっ!
「このままでは明日休めん!」とこっちも必死になるじゃないか!
はっ、まさかそれを狙った作戦なのか?

さっきCN見ていたら、1月からの「ダックドジャース」にて「サムライドジャース」なる
エピソードがある事が判明。やってくれますなぁ。
他にもケンケンが登場していたりした。あれってそーいう作品なの?

某友人に年賀状を出さないといけないと思って、カバンに入れて家を出た、
と思っていたのだけれど、どこを探しても年賀状が見つからない。
あれ?もしかして無意識の内に投函したのか?と思っていたら、
家にしっかりと忘れておりました。たはは。ごめんね、アスカさん。


2004/12/28  スコットマペット

「ねぇカエルくん、ボクってリーダーにふさわしいかな?」
「目からビームしか出せないのに、リーダーを名乗る事自体がおこがましい。」
「…カエルくんって毒舌だよね…」

本日午後九時十五分からNHKで放送した「英語でしゃべらナイトスペシャル」に
例のアメリカCNでのパフィーのアニメが紹介される、ってんで早速見てみました。

    

いきなりのパフィーバスと、地下鉄広告のご登場。

    

    



本編映像も結構多く流れました。
日本語喋っているシーンとかもバッチリ。
しかしこのキャラクターデザイン、いつ見ても芝山努に見えるなぁ…。



噂のプロデューサー登場。インタビューもあり。なかなか貴重かも。
ちなみに一応番組の最後の紹介だったので、NHKとしてもそれなりに注目しているのかも。
なにしろ宮崎駿の後だったからねぇ。

オマケ



こんな名刺、ちーともうらやましい!!

アメリカ繋がりネタ。
いつぞや、アメリカ連邦通信委員会のキャラクターに、ドラえもんのパクリキャラが
使われている!てな話をしたと思いますが、どうやら小学館が抗議した模様
ま、当然っちゃ当然だわな。ネットでも結構話題になってはいたし、
小学館がかぎつけないわけがない。さてどうなりますやら。

一月から「ホーム・ムービーズ」が再開!やった〜!
とか喜んでたら、なんとまぁ!27話からのスタートじゃないの。オイオイオイ。
頼むから、最初からやろうよ。ねぇ??

今日は部屋の大掃除。ふーさっぱりした。
それはそうといつも思うんだけど、どうしてこの季節に大掃除しないといけないの?
もっと暖かい季節にやった方がいいと思うんだけど。
だって寒いじゃん、ねぇ?雑巾がけとかつらいよ?
やはり秋頃にとっとと大掃除を終わらせて、年末はゆっくりと
過ごすのが、一番いいんでは無いかなぁと思いました。
あ、年賀状もちゃんと出しましたから、アスカさん。


2004/12/29  バブルスの動く城

バブルスが90歳の老女になって…いかん、ファンに怒られそうだ。

寒いよ!雪降ってるよ!しかも部屋の暖房、突然止まるよ!
どうした事だい?と思って調べてみると、どうやら室外の温度が極端に低いと、
「霜取り」のため、時々運転停止するらしい。へぇ〜。
って、こっちが凍えてしまうがな!!

さてというわけで、今日はなんとmassangeanaさんにお会いしてきました。
massangeanaさんとゆーたらアンタ!日本で始めてパワパフに注目
した人と言っても過言ではありませんわな!
それで現在は、アメリカのサンタクルズという所に住んでおられるのですが、
年末で日本に戻ってこられている所を、お会いしてまいりました。

普段は聞けないような、アメリカの話が色々と聞けて
面白かったですわー。どうやらアメリカでは、スカンクがそこら辺を
うろついているそうです。かなり危険ですわ。

さて明日は明日で、有明まんがまつりに行かないといけないのよね。はぁ〜あ。


2004/12/30  デストード

オイラの舌に名前を書くと、その人間は24時間以内に死ぬ。

なんか今日は色々あったので、ドラクエ風に書いてみる。

LOUはめがさめた!
*「おおLOUよ、あなたはこれから有明まんがまつりにいくのです。
*「LOUに光あれ!
LOUは有明まんがまつりへとたびだった!

*「ここは新宿の町です
スカポンた「いやーさがしましたよ。さあ二人でまんがまつりへ行きましょう!
スカポンたが仲間にくわわった!

二人はりんかい線にのりこんだ!
まんがまつり会場へ到着した!

まず二人はみんだなおさんの所へ向かった。
LOU「おつかれさまですー。タイタンズはごらんになっていますかー?
みんだ「見ているよー。君みたいにつまらないって事は無いよー。
LOUに25のダメージ!なにげにサイトをチェックされていたようだ!

つづいてLOUはからさわしゅんいちさんにあいさつした!
LOU「カートゥーンMLのLOUですー
からさわ「ああどうも、お疲れさまです
からさわさんは忙しそうだ。
二人は次の目的地へ向かった。

LOU達の目の前に人があらわれた!
なんとそれはテクリさんとおるさんだった!
テクリ「サイトいつも見てます
とおる「いつも拝見してます
れんぞくこうげき!52のダメージ!
LOUは日記にうかつなことが書けなくなってしまった!

とおる「ちょっとお茶でもしましょう
テクリさんととおるさんが仲間にくわわった!
四人はおちついてはなせるばしょへ行った。
LOUはHPがかいふくした!
LOUはアニメ業界のうらばなしを聞いた!
50ポイントの経験値を手に入れた!

LOU「では私はここからべつこうどうをとります
LOUは一人になった!
LOUはしまもとかずひこのブースへ向かった!
*「ここはしまもとかずひこのブースです。なにになさいますか?
LOU「どうじんしのさいしんかんをください
LOUは「どうじんしさいしんかん」を手に入れた!
LOUは「どうじんしさいしんかん」をつかってみた。
LOUはばくしょうした!

LOUは次のブースへ向かった
*「いらっしゃいまいせ。なにになさいますか?
LOU「YOMIさんはいらっしゃいますか?
*「おお、あなたがLOUさんですか!わたしがYOMIです
YOMIがなかまにくわわった!
YOMI「あなたにいろいろさしあげましょう
LOUはいろいろいただいた!
LOUとYOMIはカートゥーンについてかたりあった。
LOUはHPがかいふくした。
やはりカートゥーンのことがかたりあえるともだちがそばにいないというのは、
もはやお約束のようだ!

LOU「では私はそろそろしつれいいたします
LOUはYOMIとわかれた!

LOUはふと上をみた。
なんとジャスミンウメコを見つけた!
しかし二人はにせものだった!

LOUはルーラをとなえた!
自宅にもどってきた!
*「おおLOUよ!あなたのぼうけんはまだ終わってはいません!
*「これから高校時代のゆうじんとののみかいに行かないといけません!
*「LOUに光あれ!


…なーんか手間がかかる割りには、イマイチつまらないんで、
この辺にしておきますね。


2004/12/31  ♪ワンダ変わりは無いですか〜

♪日々の寒さがこたえます〜(だったっけか?)

東京地方は大雪です。しかもこの大雪の中、大掃除やら雪かきやらを
しないといけません。寒ー!ボクは寒さには弱いんだぁ〜。
そんなこんなで2004年も今日限り。簡単に今年を振り返ってみましょうか。

やっぱり個人的に一番の収穫は「KND」かなぁ?
正直あまり期待はしていなかったんだけど、それが幸いしたのか、
なかなか楽しめました。シーズン2の怒涛の展開もスゴかったしね。
ただ個人的には、シーズン1のどこかのんびりとした牧歌的雰囲気が好きなので、
その辺りがちょいと寂しくもあるが、まあ面白いので良し!
逆に非常に残念だったのが「ティーンタイタンズ」か。
前評判も高く、画面キャプチャとか見る限りでは、結構面白そうだったんだけど、
逆に「期待しすぎ」だったのか、個人的にはイマイチでしたわい。
結局年末の忙しさのせいで、後半はほとんど見ませんでした。
年末の一挙放送で、その辺りを補完しようかと思ったけど、
色々忙しくて、それもままならず。まあ機会があれば、見てみようかとは思います。話のタネに。

あと今年は何が来たっけー?
このサイト的には「X-MENエボリューション」のシーズン3かー。
なにしろあんな「いい所」で話が切れていたからねぇ。ようやく!という感じでしたよ。
でもまたアポカリプス復活のいい所で!終わってしまったので、
早い所続きをお願いいたしまするです。あと十数話なんだしさ。

他にはパワパフ新作とかもあるんだろうけど、ウチと関連深いのは
まあ上の二つくらいしか無いのかな?
来年あたり、是非サムライジャックとかホーム・ムービーズの新作にも来てほしい所ではありますね。

あとはやっぱり同人誌制作に関わったこととか、サイト移転のことですかねー?
同人誌は本当に便利ですので、是非是非お買い求めください(宣伝)。
サイト移転も結構苦労しました。
実は会社で仕事がヒマな時を見計らって…ってのはナイショだ(笑)。
お絵かきも、そろそろリハビリ終了してもいいと思うし、
色々と自分の弱点が見えてきて、描きたい方向性が見えてきたので、
そっちをもっと追求してみたいと思います。

そうそうサイトだけど、ついにカウンターが「100000」行きましたね!
どうもありがとうございます〜!
数日前からカウンターの状況を見ていて、今年中に達成するか、
はたまたギリギリで来年になってしまうか、ちょっと微妙だったんですが、
なんとか年内に達成することが出来ました。感謝感謝の一言であります。

まあ正直、ここまで上り詰められてきたのも、皆さんのおかげでありますよ。
今年も色々な方にお会いできました。来年はもっと色んな人にお会いできるでしょう。
その人達に「感謝」を忘れず、猪突猛進していきたいと思っておりますです。

では皆さん、良いお年を〜。


<<前月の日記 過去の日記目次 次月の日記>>