×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2005年9月の日記

<<前月の日記 過去の日記目次 次月の日記>>

2005/9/1(木)  マクラッケンシュタイン

自らの手で完璧な美少女を作り出そうと…。

すーかり忘れていたんだけれど、明日ってパワパフDVDの発売日なんだね。
どうしようかなあ、買おうかなあ。
いや以前出た時は、金欠で買わなかったんですわ(監修した人、ゴメンナサイ)。
ワーナーのサイト見ると、とりあえずテレ東で放送した分は、
バッチリ収録される、つまり以前出たのと同じなわけですよ。
どうせならCN準拠の放送順で収録してほしかったかなあと。
あと、テレ東以後のいわゆる新作分が収録されるのかどうかも気になる所。
それからクリスマススペシャルとかどうなるのかなあ、
どうせなら収録してほしいよなあ。まあ希望は尽きないわけですが。

この勢いにのって、他のデクスターとかサムジャもDVDにならねーかな。
まあそもそも本国でDVDが発売されてないデクスターは論外だろうけど、
サムジャとか本気でやってほしいよね。

あとクローン大戦の後半部分はいつDVDが出るのやら。
こっちは確実に出るでしょー?ねえ?


2005/9/3(土)  ゲンディ北京

レッドサムライカモン!

更新。リンクにいっちょ追加。「クリティカルパンチ」さんです。
KNDの素敵イラストが多数ありますぞい。

パワパフDVD購入。まあ安いし、今後も続いてほしいのでご祝儀ってことで。
でも今更パワパフを一から見るのも、どーなのよ?と思ったりするので、
特典映像のパイロット版を見たり。バブルスの声が間宮くるみなのです。
ハム太郎なのです、へけ。個人的にはこっちのも捨てがたいよな。
もしこのまま続いていたら、今頃どうなっていたのやら。

ぴっかぴかコミックス「モッコロくん」購入。
生きている間に、モッコロくんのコミックスが拝めるなんて、有り難い世の中だねえ。
藤子F先生の幼年向け作品とあって、とてもシュール。
しかしそれでいて一話4ページの中に、高い密度と完成度を誇っている。
この構成力は、やっぱり今のマンガ家じゃ考えられないよなー、と思ったり。


2005/9/4(日)  ゲンディ関係でゴタゴタ

だからなんでサヴィーノなんかにやらせるの?ずっとゲンディでいいじゃん?

「ガイキング」リメイク版。そういえば以前から噂だけはあったんだけど、
ようやく動き出した?というか11月から放送?早すぎないかい??
そういえばここの9月3日の記でこう書いてある(時間が経つと流れるだろうなあ)

2年ぐらい前の東京国際アニメフェアでパイロットフィルムを公開していた 「大空魔竜ガイキングNeo」 が、ボーボボの後番ですか。てっきり凍結してるのかと思ってた。

「東京国際アニメフェア」「パイロットフィルム」そして「東映」と、どこかで見たような
キーワードが並んでいるのが印象的。
そういえばその「パワパフZ」はどーなったのやら?企画はまだ進行しているんだろうけれど…。
やっぱり2年くらいかかるのかなー?

…すでにあちこちで騒ぎになっていると思うけど「仮面ライダー響鬼」が
プロデューサーと脚本家交代で、今までと全然違った雰囲気になっちゃったですよ。
正直、いわゆる平成ライダーの雰囲気がどーしても合わず、それでようやく
響鬼が自分的にとても面白い雰囲気でとても楽しみにしていたのに…。
あんまり今までと変わるようなら、今後の視聴もどうするかなあ…。
日曜の朝の貴重な時間を割いてまで、見たいと思えるのかどうか。
まあしばらく様子を見たいと思いますが…。

ヒビキさんが全然頼れる大人じゃなかったし、とにかくつまらなかった。
まあ内部事情的には、色々とあって大変なんだろうな、とは思うんだけれども、
でも「つまらない」物にはしっかりと「つまらない」と言っていいでしょ。
それは視聴者の権利だけと思うし。

しかしスタッフがちょっと変わっただけで、作品なんてこんな変わるもんなんだね。
改めて感じましたよ。

もっともそんな事は、デクスターにサヴィーノが
来た時から解っていたんだけどねっ!


2005/9/6(火)  ウォレスとテルミット

とりあえずテルミット反応はスゴイ、という事だけ解ってれば良し。

「ザ・バットマン」第三話。ペンギン登場。
ペンギンが、落ちぶれた名家のダメ息子ってのは面白い描写かも。
そこへまたインチキジャパニーズも加わり、ちと悪酔い気分。
さあクライマックスだな、って所で…

台風で受信途切れたよっ!

うわーん、こんなの初めてー。仕方ない、また木曜日のを見るか…。

でも一つだけ突っ込んでいい?
鳥って夜は目が見えないはずなんですけどー?
最近のアメリカアニメは確実に進歩していて、
もうすぐ日本のアニメを越えるんじゃないか?
って論調をたまーに見かけるんですが…こういうミスがあると、
やっぱりまだまだなのかなー、と思うんですよ。
もっとも、自分の見てない部分でフォロー、例えば
目に何か特殊なレンズを仕込んでいたとか、訓練したとかなんでもいいんですが、
があれば、まあいいんですけれども。

そういえば第一話でも、「あれ?」と思ったシーンがあるんですよ。
確かジョーカーの居所を突き止めるのに、ジョーカーの以前の隠れ家へ行けば、
なにか手がかりがつかめるんじゃないか?ってシーンがあったはず。
この「ザ・バットマン」では、バットマンとジョーカーは初対面のはずなので、
当然ジョーカーの隠れ家を突き止めるのに、なんらかのクエストがあるのか?と
思っていたら…あっさり発見。しかも当のジョーカーがそこにいやがるし。
悪いとは言わないけど、ちょっと杜撰すぎ。せめて聞き込みなり調査シーンでも
あれば、また違った印象になるんだけれども…。

こういうのがある限り、手放しでカートゥーンを褒めるのは、ちょっとためらわれるんですよね。
んー、似たような事をタイタンズを見た時にも感じたのを思い出したぞ。


2005/9/8(木)  メリークリス増す

サヴィーノの担当増やしてどないすんねんな。

こないだのバットマンの続き、やっと見れた。
結局自分が見てなかったのは、ほとんどがペンギンとの格闘シーン。
思ったとおりだが、鳥目についてのフォロー無し。ハハハ…。

しかしジョーカーはともかく、ペンギンまで格闘しちゃうってどうよ?
だってあの体型ですよ?ちょいと無理があるんでは無いかと。
だからこそ、あの傘のギミックに頼って闘ってほしかったなあと思うんですが。

しかしやっぱりツッコミ所は多いですな。まあそこが味なんだけれども…。
…とここで思ったのは「響鬼」って、ある意味カートゥーンチックだなーと。
一話完結(二話だけど)のストーリー、大きな伏線とかほとんど無い、
キャラが基本的に成長しない、ツッコミ所満載、
そーか、だから自分は響鬼の世界にすんなり入れたのか。
逆にきつい人にはきついんだろうなあ、響鬼。


2005/9/10(土)  ♪ベインはお父ちゃんのためにおるんやないんやで〜

♪バットマンと戦うためにおるんやで〜(古すぎだねっ!)

巷じゃあ「ジェニーはティーン☆ロボット」の新作放映とかで、騒がれてますが、
ケーブルでニコロデオンが入らない私としましては、まあとりあえず関係無いかなと。
でも新作をどんどんやってくれるってのは有り難いよね。
早く「ホムビ」と「X-MENエボリューション」の(以下略)。

ニュータイプ発売したけど、CNは特に目新しい情報は無し。
「ザ・バットマン」の放映表くらいしか無かったかな?

更新、というか修正。「CARTOONS」のアドレスが変更。
とりあえずこーいうデータサイトがあるのは有り難いですな。


2005/9/11(日)  ジェラルド・マクベイン

音で会話。ベインベイン。

北海道の方で、Puffyのライブがあったらしいんですが、
行ってきた人の話を読むに、どうも「ハイハイ」のグッズはおろか、
話すら出なかったみたいです。やっぱり本人達にとっては、アニメとは別物、って事なのかな。
まあそりゃそうだろうなあ、と思ったり。そもそもあれがあそこまでヒットするってのも、
それこそ「予想外」の出来事なわけだし。ライブに子供たちが増えたことに驚いている、
みたいなコメントもどこかでしていたような気がする。

ただ我々、語る側としてはやはり一緒くたにしないと語れないわけで。
その辺をとりまく状況などを一緒に考えていかないと、見えてこない物があるわけです。
しかし「ハイハイ」はいつ始まるんだろうね、本当に。

「仮面ライダー響鬼」、先週よりはまあマトモになったか?と思うけど…やっぱダメだなこりゃ。
もう「空気」が全然違う。今までの「平成ライダー」と同じになってしまってる。
結局自分としては29話までの「雰囲気」が大好きだっただけに、
その「雰囲気」が無くなってしまった以上、見る価値はあるのか?という所。
ああ、難しいよねえ。


2005/9/12(月)  フラニーズニュート

どうしてもペットに靴を履かせたくなったわけよ。

昨日からKNDが放送再開。そのせいかKNDページへのアクセス増加中。
今まではカーレッジがダントツトップだったんだけど、
カーレッジは放送終わったから、これからは入れ替わりでKNDが
トップになっていくんだろうなあ。はああ(ため息)。
いや、いいんだけどもさっ。

そういえば来週は三連休が二回もあるんだね、しかも連続で。
この辺りをピークに、KNDで来る子供達が増えそうな予感…。ふー(ため息)。
しかしそうか、三連休か。なにか面白い事が出来そうだな。
何をしようか…まるで考えてないけれどもねっ。

最近一時期に比べてスパムメールが減ったような気がする。
どこかに書いてあったような気がするけれど、
スパムとかウイルスメールって夏が多いのかな?
秋になると減るのか?というよりも、文字通り

「飽き」が来たんでしょう。

お後がよろしいようで…。


2005/9/13(火)  チャーリーと守護霊の工場

いや守護霊のおかげで、この工場も何事も無く運営できております。

そういえば「チャーリーとチョコレート工場」上映してるんだっけ。
そもそもこの映画の原作の「チョコレート工場のひみつ」は、
カートゥーンでは繰り返し使われるモチーフなのだ。
例えばデクスターやジョニー、最近だとハイハイパフィーなんかでも使われたらしい。
日本での知名度はイマイチなんだけど、あちらではかなりメジャーな話なのかなと。
となると、カートゥーンをより深く楽しむためには、見ておいた方がいいのかなと。
やはり元ネタを知っていると知らないとでは、知っていた方がいいわけであり。
今度の連休にでも見てこようかなあ。

映画と言えば、あと「ファンタスティック・フォー」も来るんだよな。
これはもちろん知っている人は知っているけれど、「宇宙忍者ゴームズ」なわけで。
さすがにあの吹き替えは期待しないけれど、やはりチェックしておかないと。
でも何やら設定とかが違うらしいんだよな。
ドクター・ドゥームがただの金持ち?王様じゃないのか。

今日の「ザ・バットマン」感想。今日はマンバットさん登場。
まあマンバットならアクションだらけでもいいかな、とは思うんですけどもね。
でもコウモリって「耳がいい」んじゃなくって、自分で発した超音波を…
ある意味「耳がいい」って事になるのか?ちょっと違うような気もするが。
あと前から気になっていたのが、あのバットモビル。
遠隔操作であんなスピードだしたら、人撥ねるって!絶対!
恐怖のひき逃げアタックだよ!それとも障害物を超音波で察知して
自動で避けるとか…?それこそまさにコウモリだけどなあ。


2005/9/14(水)  菅井きんとブラック魔王

「婿殿!」「ケンケン何とかして〜!」

カートゥーンとはあまり関係無いけど、「落語を題材にした日本初のアニメ」だそうです。
…え?「アニメでじゅげむ」は?
…それはともかく、今日本のアニメってこういう萌えキャラクターでしか作れないんでしょーか?
なんか激しく不安なのですが。そろそろ誰かが気付かないと、本気でアメリカとかに
抜かれますよ?…ってまあこないだも書いたけど、そう簡単にはいかないだろうから、
余計に厄介なんだろうけども。

しかし次のページとかすごいよ、萌えキャラを前に立つ歌丸師匠
なんというミスマッチングでしょうか!素晴らしすぎます!
というか、ここまでやるんなら「笑点」とコラボさせればいいのに。
「笑点」のOPアニメに、このキャラ登場させたり、
これに出る声優を「笑点」の大喜利に登場させたりとかさ。
「笑点」は視聴率高いから、すごい宣伝になると思うよー!

もっとももし自分が上司なら、そんな企画絶対通さないがなっ!


2005/9/15(木)  クルクル探検隊

♪コートの中から秘密兵器! クルクル探検隊!クルクル探検隊!
♪助手はモグラのモコモコで! クルクル探検隊!クルクル探検隊!

てなわけで、CN10月の予定。「フォスターズ・ホーム」が
噂どおり来ましたねと。もっとも開始は30日なんで、ほとんど11月なんだが。
「初回放送は90分拡大版」と書いてあるけれども、
massangeanaさんのブログによると、
そもそも初回は90分なので、記念とかそーいう問題では無いみたい。
という事は、「サムライジャック」の1〜3話みたいな物なんですかね。

カテゴリとしては「カートゥーンカートゥーンズ」になるのかな?
あれもイマイチ定義が解らないからなあ。
なんにしても、放映が楽しみですねと。

しかし10月になっても「ハイハイパフィー」は無しですか。
当初の予定は11月だったけど、なんかそれすらも怪しい感じ。
大体パフィカラのイベントレポートページにも、放送開始時期とか書いてないし。

…あくまでも想像だけれども、やっぱりCNとしては本当は
パフィカラ前には放送始めたかったんだろうねえ。
そうでないと、このイベントの意味自体が無いわけだし。
で、ある程度は順調に来ていて、イベントを中止に出来ない段階まで来た所で…
どこからか横槍が入ってしまったと(どこかは解らないけれど)。
Puffyと言えば、一応は現役タレントなわけだからして、
まあその関係のどこかなのかも知れないやね。
とにかくすったもんだがあったかして「ハイハイ」放映は延期、
後にはパフィカラ、電力館のイベントだけが残ってしまったと…。
果たして「ハイハイ」はいつ放映になるやら。
一部では「来年」なんて声も聞こえてきてますが…。


2005/9/16(金)  チャットウーマン

チャットばっかりやってる、引きこもりの悪人。

阿部&柴咲が声優に初挑戦…20年ぶり劇場版「北斗の拳」
ケンシロウ:阿部寛(41)
ヒロイン・レイナ役:柴咲コウ(24)
ラオウ役:宇梶剛士(43)

うーん…もうそろそろこういうキャスティング止めませんかね?
まあ俳優なので、ジャニーズ系の芝居も出来ないアイドルよりはマシだと
思うんですが、それにしたってねえ。
あとケンシロウと言えば、やはり神谷明さんのイメージが
ファンの間では、いまだに根強いと思うんですわ。
それを壊してまで、阿部寛にやらせるメリットはあるのか?と思うんですが。
話題にはなるだろうし、神谷明がケンシロウやれない理由ってのがある、
ってのは知ってるけども、それにしたってねえ。

響鬼の件にしろ、「聖闘士星矢」の声優交代の件にしろ、
なんか今年はそういう従来のファンを切り捨てる、ってのが多いような気がします。

あ、宇梶剛士さんはオッケーですよ!もちろんね!
サムライジャックで声優経験済みですからね。大丈夫問題無し!
(…とこれでよろしいでしょうか、風灘大佐?)

任天堂「Revolution(仮)」隠されていたコントローラ明らかに
うわ…ちょっと何これ?正気ですか任天堂はっ!
ぶっちゃけ次世代機なんて興味無かったんだけど、このコントローラーはスゴイ!
さすが任天堂だわ、欲しくなってきたぞ!

今PS2とかのゲームって、グラフィックは確かに進化してるけど、
「遊ぶ」という部分で、どうにも停滞してきている気がするんだよね。
だけどゲームってのは本来「遊び」なわけだから、
どうやって「遊ばせるか」というのを、第一に考えないといけないはずなんだよ。
そしてこのコントローラーには、その「遊び」の部分で何かやれそうな
可能性を秘めてるなあ。

そうだよな、ゲーム機って本来は「コンピューター」じゃなくって「玩具」なんだよな。


2005/9/17(土)  お中元じゃゴームズ

お歳暮も忘れずにね、ムッシュムラムラ〜。

ツタヤでレンタルしてきた「フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)」を見る。
メニューとかいじらないで、そのまんま始まったのを見ていたら、
ラストに唐突に「大ダコ」が現れて、フランケンシュタイン共々海中へ没する、
いわゆる「海外版」だった。もちろん劇場公開版も収録されていたんで、
ちゃんとそっちのラストもチェックしたんですけどね。

でもそうだよ、これだよ。最近日本からアメリカへアニメがいっぱい輸出されていて、
場合によっては映像の一部とか漢字とか修正されているらしいけど、
だったら修正の時に「大ダコ」も入れちゃえよ!その方が受けるって!

「ポケモン」に大ダコ。
「遊戯王」に大ダコ。
「ナルト」に大ダコ。
「ビッグオー」に大ダコ。
「おじゃ魔女どれみ」に大ダコ。
えーい、ついでに「パワパフZ」にも大ダコ出しちゃえ!

…今日の日記のネタ、解る人いるのか?


2005/9/18(日)  宇宙忍者ゴースト

あまり違和感無し。

今日の「仮面ライダー響鬼」。
…なによ豆腐って。つーか何よこのコント。
あー「合わない」というのは、かくも恐ろしき物なのか。
もはやストーリーがどうの設定がどうのでは無く、とことん自分に「合わない」。
「作品」としての響鬼は29話で終わった。今やってるのは「商品」としての響鬼だ。
なら、それはどこへ着地しようとしているのか、それなりには興味あるんだが、
この拒否反応はいかんともし難い。本当、来週からどうしようかな…。

今日は本当は「チャーリーとチョコレート工場」へ行こうと思ったんだけど、
自分の用事のすったもんだで行けなかった。
しょうがないから、明日地元の映画館にでも行ってみようかなあ。


2005/9/19(月)  チャイヨーとチョコレート工場

ウルトラマンだけでは無く、とうとうチョコレート業界にまでっ!
(チャイヨーとウルトラマンについては詳しく知りたい人は調べてみてください。
かなりとんでもない事になっておりますんで。)

なんか色んなカートゥーン系サイトの管理人さんが「チャーリーとチョコレート工場」を
見に行ってるので、ちょっと悔しくなって、ってわけじゃないけど、
私も「チャーリー〜」と見に行こうと思い、地元映画館へ赴いたわけです。

開演一時間前でチケット売り切れだよっ!

…どーいう事だね?そこまで人気あるのか、この映画?
それともこの映画館が異様に人が集まるせいなのかしら?
まあ確かに、うちの周辺って映画館がここしか無いからなあ…。
後はもっと都内の方に行かないといけないわけで…。

そこで予定を変更して、急遽「ファンタスティック・フォー」を見に行く事にしますた。
感想、普通に面白かったですよ。「X-MEN」とか「スパイダーマン」みたいな
「悩めるヒーロー」じゃないので、明るく楽しいヒーロー映画って感じです
(もっとも悩んだりするシーンが全く無いわけじゃ無いんですがね)。
その分、敵役の悪魔博士…じゃない、ドゥームがなんかスケール小さくなってしまったのが残念。
もっとどでかい事をやってほしかったな〜。名古屋弁じゃなくてもいいから。

…しかし今日は席が少なく、最前列で見たんだが、普通の最前列よりずっと見難かった。
目が疲れたので、もう一回見直しにいこうかなあ。


2005/9/20(火)  キンキンなんとかして〜

おまっとさんでした!とかなんとか言ってもね、実際困るわけだよ、ケロンパ!
ところで私がフリーの声をやっていて、やんなったう。

「チャーリーとチョコレート工場」だが、どうもどこも混雑してるみたい。
結構人気あるみたいですねー。話題作の強みか。
なんで、少し落ち着いてから行こうかな、と思う。
もしくは、時間にものすごい余裕を持って行くかのどっちかだな。

えーと、カートゥーンとは全然関係無い話題。
しばらく見てなかったから知らなかったんだけど、
「サクサク」からジゴロウ降板しちゃったの
どーも権利関係のゴタゴタのせいらしいんだが…なんだかなあ。
一時期グッズとか大量に売っていたのを見たんだけど、
もしかしてそれらは無くなってしまったのか?
今度確認してみようかなっと。

ほっとけないホワイトバンドの話
なにやらホワイトバンドなる物が流行しているのは知っていたけど、
そういう「いい話」系のヤツには、正直胡散臭さを感じているので、
あまり興味は無かったんだけど、リンク先を見ると、やっぱりなあ、と思った。
「地獄への道には善意という名の石が敷き詰められている」という言葉があるけど、
確かに自分で「いい事している!」と思い込んで、
そこで思考停止してしまうのが、一番ヤバイ。
それを防ぐためには、自分で行動し、自分で考え、見抜く目を持つのが必要なのだなあと。

さーて、また身辺がゴタゴタとしてまいりましたよーっと。
今年はこんなのばっかりだ。正直勘弁してくらはい。
でも、さすがに今度ばっかりは、覚悟が必要なようでして…。


2005/9/21(水)  快傑ザ・バット

だがゴッサムじゃあ二番目だ。

昨日の「ザ・バットマン」感想。
放送前から、今回登場するMr.フリーズの声が
旧来バットマンの声優を務めていた玄田哲章さんがやるというのが解ってたんで、
こっそりと一番楽しみにしていた話。
おかげで脳内ではバットマンVSバットマンが繰り広げられる始末。
実際深読みすれば、なかなか意味深なセリフも多数あったり… (「ゴッサムは私の物だ!」とか)。

考えてみれば、今回の話はバットマンが初めて「挫折する」話。
今まで自分が正義のために行ってきたはずの行動が、実は悪を生み出す結果と
なっている、という事に初めて気付く話でもあるわけです。
つまり今回登場のフリーズは、バットマンにとって「越えなければならない存在」。
そのフリーズの声が、今までのバットマンの声だというのは…ああ妄想全開(笑)。

しかし、正義の味方と悪役を演じ分けられるって、
声優さんの演技力って、やっぱすごいなーと再確認。
だからこそ、安易にタレントとかを起用してほしくないわけですよ。

ところで一連の悪役連中のデザイン変更の中では、
フリーズが一番カッコ良くなったと思うけど、どうだろうか?
元々がただの科学者だったので、イマイチ「強い」というイメージが無かったんだよな。
そういった意味では、実写映画でシュワにやらせるってのは、
ある意味すごいミスキャストなのかなと。
でも今回のデザインリニューアルでは、凶悪かつ怪しい雰囲気を漂わす、
謎めいた怪人という感じになっていて、非常によろしい。

でも白いバットマンって、どう見てもガッチャマンだよなあ(笑)。


2005/9/24(土)  ♪XJ9 XJ9情け無用

お呼びとあらば、即参上 だって私はロボット ティーンエイジャーなんだもん♪

まずは更新。トップ絵をチェンジしました。
いつまでも響鬼さんにしておくのが、どうにも忍びなくってね…。
そんなわけで、ペインターでナンバー5を描いてみましたよ、と。

今日はまあ雨も降ってヒマだったので、レンタルしてきた「サンダ対ガイラ」など見る。
うわー面白れー!
完成度がすごく高いっす。ドラマと特撮のバランス、そして特撮部分のクオリティなど全てが。
海底からガイラが見上げているシーンは、怖いっす。いや本気で。
羽田空港は、とにかく広いセットだし、その後のモグモグペッも怖いし。

でも相変わらず大ダコは出るわけね。すごいぞ、大ダコ!


2005/9/25(日)  ジェニークレージー

♪ウッヒヒ ウッヒヒ ウッヒヒのヒッ  おいらの名前は ジェニークレージー
♪ジェニーに萌えた人間さまの  こころが産んだ欲の虫
…の事であり、決して特定個人、特に土○神、スカ○ン太を指す物では無い。
(しかし最近特撮ネタが多いね。解らん人は「コンドールマン」で調べてくだされ)

今日の仮面ライダー響鬼…なんだけど…、すまん、途中で見る気が失せた。
なんか「もうどーでもいいや!」となってしまい、途中で挫折。リタイアですわい。
確かに、ストーリーは前よりも進むようになったかも知れないし、
キャラクターも初期設定を忠実に守っている、という点は評価した方がいいのかも知れない。
でも、ストーリーが進めばいいってもんじゃ無いのよ。
肝心の雰囲気、空気がすっかり無くなってしまってるのよ。
それが無いと「響鬼」じゃないわけさ。
ぶっちゃけ、ストーリーなんか進まなくても良かったのよ、あの空気さえあれば。
今後、ザ○○さんが復活するだの、色々とネタはあるみたいだけど、
あの空気が無い以上、見ても失望するだけだろうからなあ。

…だったらこれ以上見ていても苦痛なわけだし、いっそ見ない方がいいわけで。
面白ければ見ればいいし、つまらなければ見なければいい。それだけの話。
だから見ない。つまらないから。以上!29話までの響鬼は良かったんだけどね…。

さっきテレビを見ていたら、味の素のキャノーラ油だかのCMにパフィーが出てた。
それはいいんだけど、その時のBGMが「ハイハイ」だったよ?どういう事かね?
そろそろ「ハイハイ」が放送されるって事なのか?いや、逆な気もするんだが…。
なんか電力館だのパフィカラだの、そしてこのCMだの、
周辺では盛り上がっているんだけれど、その肝心の中心にいるべき物がいないという、
なんだか恐ろしくいびつな形が浮かび上がってきてしまっている感じ。
これは一体どういう事なのだろうか?


2005/9/27(火)  ジョークゾーン

ここに行くと、ジョークを言わずにはいられなくなる。
何故かって?そりゃヤツがテキサス生まれだからさ!HAHAHA!

今日のザ・バットマン。キャットウーマン登場。
…またやたらとツッコミ所とアクションが多い回でありました(笑)。
とりあえず、キャットウーマンの赤外線の抜け方はどうかと思うぞ!
あとあのバットボットの操られっぷりで、確信したよ! あれは鉄人2○号だと!

…とまあ、ほとんどネタだけの話でしたね。
アクションがかっこいいのはさすがなんだけれども。

ところでザ・バットマンの直前のgrooviesで
見た事無い3DCGのヤツをやってたんだけど、あれ何?メインフレームじゃないよね?


2005/9/29(木)  ケンケンの変だジェンダー

ケンケンがジェンダーフリーについて、語ってくれる教育番組
(元ネタがかなりマニアックなんだが、大丈夫だろうか)。

気がつけば、というよりすっかり忘れていたんだけど、
ここの場所に移転してから、もう1年経ったのね。
長かったような、短かったような。
そうか、去年は移転作業を黙々とやっていたんだね、黙々。

KNDも去年頃来たんだよね。でもまだ結構人気あるみたいで何より。
やっぱ子供ウケがいいのだろうか?でも今放送してない
カーレッジも、なにげにページアクセスが多くて気になる所ではあるな。
でもカーレッジも新作が来ないんだよな。
KNDはまだ未放送話があるから、いずれ来るんだろうけれどもさ。

とりあえずウチのサイトとしては、
後はサムライジャックとホーム・ムービーズと
X-MENエボリューションの新作を早く!してほしいんですが。
え、ネッズニュート?それはもはや諦めの境地ですわい。


2005/9/30(金)  フォスターズ・ホーム・ムービーズ

「いいか、お前たち想像上の友達ってのは、役に立たない。つまりビッチって事だ。」
「でも、コーチよりは役に立ってるよ?」
(某所で受けたので、ここでも使う)

CNサイト更新。「フォスターズ・ホーム」のミニサイトなんて出来てます。力入ってるなあ。
おっと壁紙もフォスターズだ。すごい力のいれよう。まあクレイグ作品だからねえ。
他には、ハロウィンって事でビリマンのグリーティングカードや、ビリマンのゲームが登場。
この勢いで、ビリマン新作も来てほしい所なのだが…。うーむむ。
プレゼントはミスター・ビーン関係。イギリスの雑誌なのね。
これはこれで面白そうな感じ…つか、こういうのでカートゥーンズ関係の物とかを
プレゼントに出せばいいのになあ、とつくづく思った。

あうー、なんか今週はやたらと忙しかった…。勘弁してくださいよー。


<<前月の日記 過去の日記目次 次月の日記>>