×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カウ&チキンの事ならカートゥーン横丁
フォスターズ・ホーム

兄貴はチキン、妹はカウ
パパママ自慢の子供達!

●カウ&チキンとは?

原題「Cow&Chicken」。
兄が鶏で妹が牛、というシュールな設定のギャグ作品。設定自体もシュールだが、内容ももちろんシュールであり、また少々お下品なネタが多いのが特徴であり、本作の最大の魅力である。その見た目から、日本では最初は敬遠する人が多いが、慣れてくるとかなり楽しめる作品である。特にカウの性格などは、解ってくるとかなり可愛く思えてくるから不思議である。

「デクスターズラボ」などの他のカートゥーンカートゥーンズ作品同様に、最初は「What's a cartoon」にてパイロット版が制作された。30分3本構成の内、2本は表題どおりの「カウ&チキン」。1本は、なんでも出来るイタチを主役とした「I am ウィーゼル」がカップリングされている。後に「I am ウィーゼル」は単独で番組化されたが、こちらは残念ながら日本では未放映である。

制作はDAVID FEISS。また「ビリー&マンディ」のMAXWELL ATOMSも、主に「ウィーゼル」のパートを中心に、制作に携わっている。また原語版では、カウ、チキン、レッドガイ、バブーンの声優が全て同一人物である、というのが特筆すべき点である。

日本「CARTOON NETWORK」では、「デクスターズラボ」に続くオリジナルシリーズ第二段として、1999年初頭より放送が開始された。