×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジョニー・ブラボーの事ならカートゥーン横丁
ジョニー・ブラボー

1,2,3,イェイ!
ベイビー! イカすぜ! 最高 ハーっ! オレってハンサム
モンキーダンスだ、カモン!
ようベイビー おぅ! 何見てんだよ!

●「ジョニー・ブラボー」とは?

原題「Johnny Bravo」。
自分を最高にハンサムでたくましく、女の子にモテモテと思い込んでいる主人公、ジョニー・ブラボー。そんな彼のおバカでやかましい活躍を描いた、シュールなギャグ作品、それが「ジョニー・ブラボー」である。

1999年10月より「CARTOON NETWORK」にて放送が開始された。

「カートゥーンの法則」というのがありまして、その中に「新作になるほどつまらなくなる」というのがあります。例えば「トム&ジェリー」も、一番面白いのは、初期にハンナとバーベラの製作した物だし、例えば「デクスターズラボ」もシーズン3になると、シーズン1や2にあった面白さが無くなってしまっている。
ところが何にでも「例外」はつきもので、この法則の「例外」が、まさにこの「ジョニー・ブラボー」であると思う。
実際シーズン1からシーズン3までを通して見てみると、シーズン3の方が圧倒的に面白い作品が多いのがわかる。