フォスターズ・ホーム全話ガイド14



第53話 「チーズをつかまえろ」
(原題:Cheese A Go-Go)

(初放送 2008.7.13)

writtten by : DARRICK BACHMAN , LAUREN FAUST
storyboard by : ED BAKER
artdirection : MARTIN ANSOLABEHERE
animationdirection ROBERT ALVAREZ , ERIC PRINGLE
directed : CRAIG McCRACKEN

(あらすじ)
今日も大忙しのフランキー。と街中でチーズを発見する。何やらどこかへ行こうとしているチーズが気になったフランキーは、チーズを捕まえて一緒に行く事にしたのだが…。
(解説)
今回はチーズがトラブルメーカー。他のどのフレンドよりも純真なチーズは、ある意味ブルーより厄介者なのかも?

他にも今回は、裁判でヒステリーを起こすマダム・フォスターや歯医者の麻酔でおかしくなってしまうエドゥアルドなど、とにかくトラブルが続出。そしてフランキーも、久しぶりに酷い目にあってしまいます。もちろん我らがブルーも、今日はおとなしいかな、と思わせておいて最後に大騒動を引き起こしてくれるのです。

(今日のエンディング)
果たしてチーズはどこへ行こうとしていたのか?それは…はるかなる大宇宙?

第54話 「100ドルの正しい使い方」
(原題:The Buck Swaps Here)

(初放送 2008.7.19)

writtten by : CHARLIE BEAN , CRAIG McCRACKEN
storyboard by : VAUGHN TADA
artdirection : MARTIN ANSOLABEHERE
animationdirection ROBERT ALVAREZ , ERIC PRINGLE
directed : CRAIG McCRACKEN

(あらすじ)
今日はフリーマーケットの日。フォスターズご一行も、勇んでフリーマーケットに参加する。各自売りたいもの、欲しいものを見たりして大騒ぎ。

とそこに、怪しい男の影が。どうやら会場内で盗みを働いているようだ。ところがその男が落とした100ドル札を、エドゥアルドが拾ってしまった事から、みんなすっかり目の色が変わってしまう…。
(解説)
普通こういうエピソードでは、フランキーなりマックがブレーキ役となるのですが、その二人が暴走してしまうと、もはや誰も止める者がいなくなってしまう、という好例ですね。そして皆さん、本当に自分の欲望に忠実なんですねー。

見所は怪しい男でしょうか。彼は一切のセリフを喋らず、動きだけで感情などを表現しています。実にトゥーンらしいキャラだといえるでしょう。

(今日のエンディング)
エドゥアルドの意外な才能!まさかこんな才能を隠し持っていたなんて…。

第55話 「相棒えらびは慎重に」
(原題:Say It Isn't Sew)

(初放送 2008.7.20)

writtten by : DARRICK BACHMAN
storyboard by : KELSEY MANN
artdirection : MARTIN ANSOLABEHERE
animationdirection ROBERT ALVAREZ , ERIC PRINGLE
directed : CRAIG McCRACKEN

(あらすじ)
今日はホームの皆で、遊園地へ遊びに行く事になった。そのためにペアを作って、お互い離れないように、とルールが決められる。

ブルーは早く遊園地に行きたいばっかりに、マダム・フォスターの相棒となる。しかしそのせいで、遊園地の目の前の、手芸ショップで足止めをくらう事になってしまった…。
(解説)
今回は久しぶりにブルーがメインのお話。しかしジェットコースター「ゲロゲロ彗星」に乗りたがっている所を見ると、なんだかんだでブルーとマックは、まだまだ子供だなあ、と思い知らされますよね。

中盤では、夢と現実の区別がつかなくなってるブルーが、後半では遊園地に侵入しようとするブルーの活躍が、それぞれ面白いですよね。

(今日のエンディング)
ゲロゲロ彗星チャレンジ中!新記録樹立なるのかな…?

第55話 「ブルーおじいちゃん」
(原題:Something Old, Something Bloo)

(初放送 2008.7.26)

writtten by : KIRK THATCHER , LAUREN FAUST
storyboard by : ED BAKER
artdirection : MARTIN ANSOLABEHERE
animationdirection ROBERT ALVAREZ , ERIC PRINGLE
directed : CRAIG McCRACKEN

(あらすじ)
老人ホームへ慰問に行く事になった、ホームの面々。ブルーはそこで、老人ホームでは何でも他人にやってもらえる夢のような生活が待っている、という事を知ってしまう!

そこでブルーはなんとかして、老人ホームに潜入することに成功。夢のような生活が始まったのだが、当然このままでいいはずが無い…!
(解説)
カートゥーンでは日本アニメと違って、こういう老人ネタが結構ありますよね。やはり文化の違いとでも言うのでしょうか。

とにかく老人ホームに入ろうとするブルーもかなり強烈なのですが、今回一番強烈なのはなんといってもやはりマダム・フォスターでしょうか。バットマンのごとき扮装で、老人ホームに入り浸るブルー達を救出に行くのですが…。

ちなみにマダム達がやった、何かのオープニングみたいなのは、アダム・ウェストが主演した実写テレビ番組「バットマン」のオープニングのパロディです。

(今日のエンディング)
すっかり老人化したブルー。自業自得?