×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

KNDハチャメチャ大作戦全話ガイド15



第57話 「ワレモノ野球だ かっ飛ばせ!」
(原題:Operation: B.R.E.A.K-U.P.)

(初放送 2007.7.24)
WRITE : Andy Rheingold , Mr.Warburton
premised by alison wilgus
STORYBOARD : Maurice Fontenot
with bob suarez

(あらすじ)
家で遊んで、その度に大事なツボを割ってしまい、ママに怒られるナンバー4。もし今度ツボを割ってしまったら、とても嫌〜な社交ダンスのレッスンを受けさせられてしまう。

ところがそのツボが、突然入ってきた子供に盗まれた!後を追ったナンバー4は「ワレモノ野球」というスポーツに遭遇。ボールの代わりにワレモノを投げて叩き壊す、というとても爽快なスポーツだ。ナンバー4も早速参加するが、ボールの代わりに投げられたのは、あの大事なツボだった!
(今日の敵)
アーネスト
(解説)
今回はナンバー4が主役話。確かに彼の性格から言って、こういうワレモノ野球みたいなのはとても好きそうですよね。さて今回登場するアーネストは、以前「パパたちを救え!」の回でも登場した悪役です。KNDは、一度出た悪役でも、再登場することが多いんですよね。

そして今日の見所は、やはりワレモノがたくさんある所での、ナンバー4とアーネストの決戦でしょうか?いやはやこれがアニメで良かった良かった。
「予防注射から逃げろ!」
(原題:Operation: S.A.F.A.R.I.)

WRITE : Mr.Warburton , Andy Rheingold
STORYBOARD : Jesse Schmal
with anthony davis

(あらすじ)
ナンバー1は、ヘラジカはしかの予防注射を受ける事となった。何か変な事をされるんじゃないか?と疑り深いナンバー1であったが、出てきた医者の、ドクター・ウィスビーンシャープはナンバー1に「逃げてもいい」と言うのであった。

喜んで逃げようとするナンバー1だったが、実はドクターは逃げる子供をハンターのように追いかけて、無理矢理注射するのが趣味だったのだ!果たしてナンバー1は、無事に逃げ切れるのか?
(今日の敵)
ドクター・ウィスビーンシャープ(チェスター)
(解説)
子供なら誰だって、注射は嫌なもんですが、その子供を野生動物をハンティングするかのように追いかけて、無理矢理注射するウィスビーンシャープも、なかなか困った人のようですね。それもそのはず、彼の正体は実は「ユートピアに気をつけろ!」の話に登場した、チェスターなのです。

というわけで見所は、追いつ追われつのハンティングでしょうか?ナンバー1は無事に逃げ切る事が出来るのでしょうか?

第58話 「ティーンエイジャーに仕返しせよ!」
(原題:Operation: V.I.R.U.S.)

(初放送 2007.7.25)
WRITE : Andy Rheingold , Mr.Warburton
STORYBOARD : Kim Arndt
with jesse schmal

(あらすじ)
KNDの海底研究所にクリーが乗り込んできた。KNDの科学者陣が開発したウィルスに感染したクリーは、その治療薬を探しに来ていたのだ。しかし一足遅く、薬はナンバー5が持ちだした後であった。そしてクリーは海底研究所を破壊して、いずこかへと飛び立つ。

クリーはナンバー5を追って、ツリーハウスにやってきた。その頃ツリーハウスでは、ティーンエイジャー達の集会を妨害すべく、ナンバー1達が計画を練っている所であった。ナンバー5を追うクリーと、KNDのメンバーが対峙するのであったが…。
(今日の敵)
クリー
(解説)
久しぶりにクリーの登場です。そして今回は50話「モーリスを渡すな!」の後日譚とも言えるエピソードです。そういえばラストで、モーリスもちょこっとだけ顔を出しましたね。

というわけで今回はナンバー5対クリー!なのですが…肝心のナンバー5がなかなか姿を現しません。そしてとうとう対決!となるも、邪魔が入ってなかなか思うようにならなかったり。しかしこの二人、本当はすごい仲がいいんじゃあ無いでしょうかね?どうなんだろう。
「感染をくい止めろ!」
(原題:Operation: O.U.T.B.R.E.A.K.)

WRITE : Mr.Warburton , Andy Rheingold
STORYBOARD : Matt Peters
with abigail nesbitt

(あらすじ)
前回クリーによって破壊されてしまった、KND海底研究所。その内部には、とても危険なウィルスに侵されてしまった「レイジェント・シー」と呼ばれる人間が閉じ込められていた。

今回のKNDの任務は、そのレイジェント・シーを探し出して捕獲する事であったが、ウィルスはとても感染力が高く、防護服をかぶっていないとすぐにでも感染してしまう、という危険なウィルスであった。果たして一行は、レイジェント・シーを見つけ出す事が出来るのか?そんな中、ナンバー4がウィルスに感染してしまった…!
(今日の敵)
レイジェント・シー
(解説)
今回は前回の話の、ちょっとした続きです。クリーによって破壊されてしまった、KND海底基地が舞台の、ちょっとしたサスペンス。何やら元ネタがありそうではありますが。

というわけで今回は「レイジェント・シー」を巡る騒動が見所。この危険なウィルスに感染せずに、無事に地上へ戻れるのか?そもそもレイジェント・シーとは一体?…って、オチがくだらなすぎて最高です。

そしてこういう時に、真っ先にトラブルを起すのはやっぱりナンバー4の役目。完全にトラブルメーカーとしての役割が定着しましたよね。

第59話 「グランドキャニオンで記念日だ!」
(原題:Operation: C.A.N.Y.O.N.)

(初放送 2007.7.26)
WRITE : Andy Rheingold , Mr.Warburton
premised by alison wilgus
STORYBOARD : Maurice Fontenot
with bob suarez

(あらすじ)
今日はKNDの結成記念日。そこでナンバー1達は、グランドキャニオンを封鎖して、なにやら企んでいた。その頃トイレットネイターは、ふとした事からKNDの企みを知る事となり、一人でグランドキャニオンに乗り込んできた。果たしてKND達は何をしようと言うのか…?
(今日の敵)
トイレットネイター
(解説)
今回のKNDは、グランドキャニオンを勝手に占拠したりと、またいつにも増してやりたい放題です。そしてその目的なのですが…これがまたKNDらしいといいますか。

そしてあの、トイレットネイターが大活躍。彼にも意外な能力があるんですね。しかしどうも、いつも他の悪役の邪魔ばかりしてしまうんですよね。悪役と言えば、以前登場した悪役が大量に登場していますが、以前登場したKNDメンバーも大量に登場しています。全員覚えているかな?
「ジャマイカへ飛べ!」
(原題:Operation: H.O.L.I.D.A.Y.)

WRITE : Mr.Warburton , Andy Rheingold
STORYBOARD : Quack Leard
with anthony davis

(あらすじ)
普段KND基地で電力を供給するために頑張っているハムスター達。今日はそのハムスター達をバカンスでジャマイカに連れていく事になった。しかしそこへリジーがやってきて、ナンバー1が自分に黙ってジャマイカに行っている事を知り、怒ってしまう。そこでリジーもハムスターと一緒に、ジャマイカへ行く事になった。

一方その頃、ナンバー1はナンバー10という美少女と一緒にバカンスを楽しんでいた。しかしそこへ緊急通信が!リジーの乗った飛行機が、リジーのせいで大ピンチになってしまったのだ!果たしてナンバー1はリジーを救う事が出来るのか?
(今日の敵)
リジー?
(解説)
久々登場のリジーですが、今回は嫉妬の炎を燃え上がらせて、ジャマイカへ飛んでしまいます。しかしその道中に待ち受けるものとは?というわけでリジーの活躍ぶりが見所であります。

またハムスター達も久しぶりの登場です。こういう小さいキャラが、ちょこまかと動いているのは、見ているだけで楽しいですよね。

今回はナンバー10という美少女も登場。果たしてリジーの恋のライバルになると思いきや…?いやはや実に意外な展開ですね。

第60話 「バースデー・アイスケーキを奪え!」
(原題:Operation: C.A.K.E.D.-F.I.V.E.)

(初放送 2007.7.27)
WRITE : Mr.Warburton , Andy Rheingold
STORYBOARD : Kim Arndt & Matt Peters
with quack leare & abigail nesbit

(あらすじ)
今年もまた、おすましキッズの誕生日がやってきた。しかし今度の任務はかなり過酷な物になるだろう。そこでKND達は戦いの前に、アラモードの砦へと赴き、必勝を祈願するのだった。

アラモードの砦。そこはでは19世紀に、当時のKNDと「丘の上に住むむかつくほど可愛い少女」達の間で、壮絶な戦いがあった場所。最高に美味しいケーキのレシピを巡る戦いだったのだが、アイスクリームの爆発により、当時のKNDメンバーは皆凍り付けになってしまったのだ。

まさにその時、その騒動の中心人物であったナンバー・19センチュリー(19世紀)が発見された!しかしすでにKNDを引退しないといけない年齢をはるかに超えている、という理屈により、ナンバー86により月面基地へと連れていかれてしまう。

いよいよおすましキッズのケーキを奪うべく作戦を開始するKNDメンバー達。ところがそこへ緊急通信が入った。ナンバー86が19センチュリーと共に、行方不明となってしまったのだ。その頃彼らはファーザーの作った、宇宙空間に浮かぶ巨大なアイスケーキの中にいた。そう、それこそが今年のおすましキッズのケーキなのであった…!
(今日の敵)
ファーザー
(解説)
というわけで毎年恒例の、おすましキッズバースデーケーキ強奪作戦です。お前ら一体何歳なんだ?というツッコミは無しの方向で。

今回のケーキは、今までで最大のスケール!なにしろ宇宙空間に浮かんだ、超巨大ケーキ!なのですから。そういえば最近ファーザーを見ないと思っていたら、こんな事をしていたんですね。そしてケーキ内での戦いは「スターウォーズ」のパロディですね。

さて今回の物語の鍵を握るのが、19世紀に活躍していたというナンバー19センチュリー。19世紀生まれだけあって、テレビやアニメを知らなかったり、また女性に対して差別的な発言が目立ったりします。その辺りは、生まれた時代背景などがあるからいたし方無いんですが、でも実は彼は女性に対して冷たいというわけでは無く、逆に優しい一面も持っております。そしてなんとナンバー86と…?

しかしKNDの起源は、どうやら19世紀以前まで遡れるんですね。