×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

KNDハチャメチャ大作戦全話ガイド17



第65話 「最高指導者の座を守れ!」
(原題:Operation: I.T.)

(初放送 2007.8.1)
WRITE : Mr.Warburton , Andy Rheingold
STORYBOARD : Maurice Fontenot & Jesse Schmal
with bob suarez & anthony davis

(あらすじ)
毎日毎日の激務に嫌気がさした、KNDの現・最高指導者ナンバー362。彼女は最高指導者の引退を表明すると、次の指導者を選ぶために「鬼ごっこ」を始めた。お昼の12時に鬼をやっていたKNDメンバーが、次のKND最高指導者にならないといけないのだ!

しかし他のメンバーは指導者になるのが嫌で、逃げ回る。世界中を舞台に繰り広げられる鬼ごっこ。そしてとうとう終了の時間になったのだったが、その時鬼だったのはなんとあのファーザーであった…!
(今日の敵)
ファーザー、おすましキッズ
(解説)
やはりKNDの最高指導者ともなると、色々と大変なんでしょうね。しかし次の指導者を決める方法が、まさか「鬼ごっこ」だなんて…実にKNDらしい展開であります。そして世界中を舞台に繰り広げられるおにごっこが、前半の見所。今まで登場したKNDメンバーが総登場であります。

そして後半は、まさかの展開。あのファーザーがKNDの最高指導者になってしまいます!しかしKNDメンバーでも無いのに指導者になれるの?とおもいきや…36話「新人トミーよ KNDを救え!」のエピソードが、こんな所で意味を持ってくるなんて…。いやはやこれも実にKNDらしい展開ですよね。そしてファーザーは、地球をブロッコリーでいっぱいにしよう、なんてとんでもない悪い事を企んでいるようです。そんなわけで後半は、ファーザーとの戦いが見どころ。その戦いのさなか、あのおすましキッズが…?これも実にKNDらしいですよね。

第66話 「子供たちの安全を守れ!」
(原題:Operation: S.A.F.E.T.Y.)

(初放送 2008.1.5)
WRITE : Mr.Warburton , Andy Rheingold
STORYBOARD : Kim Arndt & Abigai Nesbitt

(あらすじ)
今日は公園で、地面にお尻で体当たりする事により出来たヒビの大きさを競う「おケツでドッスン」の選手権が開催されている。連続優勝を続けているナンバー4も、自信満々で挑戦をするのだ。しかしそこへ巨大ロボが現れると、子供達を「プチプチシート」でくるんでしまった。

なんとかロボットから逃げたナンバー2、ナンバー4、そしてナンバー4の弟のジョーイ。しかしツリーハウスも、シートでくるまれてしまっていた!そしてこの巨大ロボットを作ったのは、子供達の安全を考えている、セーフリー議員であった…。
(今日の敵)
セーフティーボット
(解説)
今回登場するセーフリー議員なのですが、彼は本来は「子供を危険な目から守る」という、子供の味方である存在です。しかしセーフティーボットを制作し、その「善意」が暴走した結果、今回のような大騒動を招いてしまいました。自分は正しいと思ってやっている事でも、周囲から見たり結果として大迷惑になってしまっている、という事は良くありがちなので、皆さんも注意しましょうね。

という事で今回の見所は、やはり巨大なセーフティーボット達でしょうか?ツリーハウスを封鎖してしまうなど、なかなかどうしてかなりの強敵のようです。

また冒頭で繰り広げられていた「おケツでドッスン」ですけれど、あれってお尻がかなり痛くなると思うんですが…どうなんでしょうか?

第67話 「図書館へ向かえ!」
(原題:Operation: E.N.G.L.A.N.D.)

(初放送 2008.1.6)
WRITE : Mr.Warburton , Andy Rheingold
STORYBOARD : Jesse Schmal with anthony davis

(あらすじ)
ナンバー1は、パパの出張のお供にイギリスへと来ていた。しかし道中の飛行機の中で出会った少年、トレバーに本を渡され、更に「夜中に大英図書館に来てくれ」と頼まれてしまう。

ところがどういうわけか、その本を狙った子供達がナンバー1に襲い掛かる!空港の中を逃げ回ったナンバー1であったが、どうにかイギリスのKND達と合流するのであった。
(今日の敵)
広場の向こうのフーリガンキッズ
(解説)
今回はナンバー1が主役のお話。どうやらナンバー1はイギリスで生まれて、三歳になるまでイギリスで育ったらしい事が明かされますが、そうすると今住んでいるツリーハウスは、かつてはナンバー1の家族が住んでいた所では無かった、という事なのでしょうか?でもあのツリーハウスには…と思ってしまいますが、まああまり深くは考えないようにしましょう。

今回ポイントになるのは、イギリスとアメリカの違い、という部分でしょうか?本編でも言われていますが、同じ英語を使っていながら、両者にはかなりの違いがあるようですね。この辺の感覚は日本人にはちょっと解りがたいんですが、例えるなら北海道の人と沖縄の人の違い、みたいな物なのでしょうか?
「授賞式にもぐり込め!」
(原題:Operation: A.W.A.R.D.S.)

WRITE : ndy Rheingold , Mr.Warburton
premise by : erin finnegah
STORYBOARD : Bob Suarez

(あらすじ)
悪党達が、今年度の最優秀悪党を決定するための集会を開催する、という事が解った。ナンバー1は、すっかりだらけてしまっているメンバー達を叱咤して、妨害作戦を決行する。

ところが肝心の作戦にナンバー1が姿を現さなかった。しょうがないので他のメンバーは、ナンバー1抜きでミッションを遂行する。一体ナンバー1はどこへ行ってしまったのだろうか…?
(今日の敵)
悪党達いっぱい
(解説)
今回は今まで登場した悪党達が、いっぱい登場してきます。こういった昔登場したキャラクターが、ひょっこりと顔を出すのも、KNDならではの魅力の一つと言えるでしょう。

さてナンバー1がいなくても、なんとか任務を遂行していくわけですが、その任務が今回の見所でしょうか?それぞれの変装と任務の遂行ぶりが面白いですよね。

第68話 「休み時間を取り戻せ!」
(原題:Operation: R.E.C.E.S.S.)

(初放送 2008.1.12)
WRITE : Mr.Warburton , Andy Rheingold
STORYBOARD : Matt Petersl with abigail nesbit

(あらすじ)
ナンバー1達が通う学校の庭から、サラダオイルが出るようになった。そのおかげでナンバー1達は、休み時間にサラダオイルの採掘で強制労働をさせられる事となってしまった。なんとか休み時間を取りもどそう!と、ナンバー1達KNDは立ち上がるのであった。

しかしあのリジーだけは、この現状に満足していたのだ。休み時間に遊んでいるよりは、勉強している方がいいのだと言う。しかしナンバー1は、リジーをいいくるめて、ザワーフラテン校長とスベリング校長の企みによる「子供なんて大嫌い会議」が開催される情報を入手するのだった。
(今日の敵)
スベリング校長、ザワーフラテン校長
(解説)
今回は学校の庭からサラダオイルが!という、かなりシュールなお話ですが、でもKNDならではの独特の世界ともいえますよね。そしてそれを取るために、子供達を強制労働させるというのが、またKNDらしいです。

さて今回はリジーが登場して、ナンバー1をまたまた困らせます。果たしてナンバー1は任務を取るのか、それともリジーとのデートを取るのか?気になる所であります。
「HNDよネコと戦え!」
(原題:Operation: H.A.M.S.T.E.R.)

WRITE : Andy Rheingold , Mr.Warburton
STORYBOARD :Kim Arrndt with quack leard

(あらすじ)
ナンバー1達が休み時間を取りもどそうとして戦っている間、ツリーハウスではもう一つの戦いが繰り広げられていた…。

ハムスターのKND、すなわちHNDと、砂箱の上のいじわるキャッツ達による壮絶なドタバタが始まったのだ!
(今日の敵)
砂箱の上のいじわるキャッツ
(解説)
今回は「トムとジェリー」と彷彿とさせる、ネコとネズミのドタバタが繰り広げられます。セリフはほとんどありませんが、それでいて十分楽しめるのは、まさにカートゥーンの面目躍如と言った所でしょうか?とにかくドタバタを楽しむのが一番です。

またどこかで見たようなHNDや、いじわるキャッツ達のキャラクターも見所です。