×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

デクスターズラボ世界が選ぶベスト50



●「デクスターズラボ世界が選ぶベスト50」とは?
2001年11月18日、「デクスターズラボ、世界が選ぶベスト50」と題されたスペシャルが放映された。
事前にCNのホームページなどで、シーズン1、シーズン2の中から「あなたの好きなエピソードは?」という募集を全世界規模で行い、そこで上位に選ばれた作品を国別に紹介していくといった全世界規模の企画。そして同時に「デクスターズラボ」の「完全新作」(シーズン3の第53話と第54話)まで放送されるといった、まさにデクスターづくしの12時間という、今ではちょっと考えられない企画だったのである。「新作世界一斉公開」という触れ込みだったので、おそらくはシーズン3開始に伴う企画であったのだろうか。
さらに日本では、それプラス従来未放映であった「ダイナドッグを救え」「運命の姉弟」、さらに映画版「エゴトリップ」が「カートゥーンネットワークシアター」内にて放送されるといった、実に13時間半に及ぶ、大々的なスペシャルでありました。
以下はそのスペシャル時に放送されたエピソードのリストである。


国名
サブタイトル
ブラジル 「戦え!ママロボット」
アメリカ 「ドッジボールは嫌いだ」
日本 「デクスターの助手」
  「ライバル出現!」
イスラエル 「大人になりたい!」
フィリピン 「頭がオーバーヒート」
  「ちびっ子ヒーローを探せ」
ポーランド 「ベビーシッターが来るよ!」
ポルトガル 「驚異の睡眠学習」
  「宇宙船で大暴れ」
  「巨額な請求書」
  「どっちが天才?」
  「ヒゲは勇者のシンボル」
  「モンキーVSダッキー」
  「ママ&ジェリー」
  「朝は大忙し」
  「不潔恐怖症」
中東 「もっと野菜を!」
  「人類の夜明け」
  「ドライブは楽しい?」
ノルウェー 「ディディの新作ダンス」
  「ミクロの迷探検」
オランダ 「飼い犬騒動」
  「巨大ロボ出撃!」
  「本当の友情って?」
ブラジル 「戦え!ママロボット」
アメリカ 「ドッジボールは嫌いだ」
日本 「デクスターの助手」
  「ライバル出現!」
イスラエル 「大人になりたい!」
フィリピン 「頭がオーバーヒート」
  「ちびっ子ヒーローを探せ」
ポーランド 「ベビーシッターが来るよ!」
ポルトガル 「驚異の睡眠学習」
  「宇宙船で大暴れ」
  「巨額な請求書」
  「どっちが天才?」
  「ヒゲは勇者のシンボル」
  「モンキーVSダッキー」
  「ママ&ジェリー」
  「朝は大忙し」
  「不潔恐怖症」
中東 「もっと野菜を!」
  「人類の夜明け」
  「ドライブは楽しい?」
ノルウェー 「ディディの新作ダンス」
  「ミクロの迷探検」
オランダ 「飼い犬騒動」
  「巨大ロボ出撃!」
アフリカ 「バースデー大作戦」
  「雪玉の戦士」
  「名獣サッシー」
  「謎のラボを持つ男」
メキシコ 「パパのアームレスリング」
英国 「世界最強!スーパーママ」
中南米 「栄光のモック5」
  「ハンサムデクスター記念撮影の日」
  「鳥か?亀か?」
  「マフィンの王様」
  「アイス大好き」
  「ぼくはアニメの道化役」
  「のびのびデクスター」
デンマーク 「ジョーク大騒動」
スウェーデン 「デクスター一家とデスクトール一家」
フランス 「水なんて怖くない」
  「地球を救おう!」
  「不幸のおみくじクッキー」
イタリア 「スーパーヒーローへの道」
  「パパの優勝トロフィー」
  「変なしゃべり方するな」
  「パパの邪魔するな!」
オーストラリア 「見つめないで」
  「ディディママ学校へ」
中部東ヨーロッパ 「デクスターとコンピューターとマンダークの話」

以上の順番で全74エピソードが放送された。ただし、途中の「戦え!ママロボット」から「巨大ロボ出撃!」までの24エピソードは、どういうわけか繰り返しで放送されている(赤字部分)ので、実質的には全50エピソードである。まさに「世界が選ぶベスト50」という所か。