×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

デクスターズラボ全話ガイド2




第5話
(#5)
「ジュラシック ポチ」
(原題:Jurassic Pooch)

(あらすじ)
恐竜のDNAが封じ込まれているコハクを使って、本物の恐竜を作り出そうとしているデクスター。

しかしそのDNAには、脳と心臓の部分が欠けていた。そこで、犬の脳と心臓を代わりに使って、恐竜を作り出すが、犬のようになってしまう。

更に悪いことには、その恐竜をディディがラボの外へと連れ出してしまった!!


(解説)
言わずとしれた「ジュラシックパーク」のパロディですな。

見所は、ディディに外へ連れ出された恐竜を、なんとかしてラボへ連れ戻そうとするデクスターの奮闘ぶりですか。いやはやあの手この手を、良くもまあ考え付くもんですな(笑)。

「オルガン催眠術」
(原題:Orgon Grindor)

(あらすじ)
今日はモンキーは、ハニーデューとデート。

しかしその最中、モンキーは、宇宙から来たオルガン催眠術師により催眠術にかかって操られてしまう!

そしてとうとうモンキーは金保管所を襲うのだった・・・!


(解説)
今回登場のオルガン催眠術に、元ネタがあるんですかねえ?ちょっとわかりません。

個人的に好きなのが、モンキーとハニーデューの記念写真。微妙な笑顔だよなあ(笑)。

「ディディを追い出したい理由」
「頭がオーバーヒート」
(原題:Dimwit Dexter)

(あらすじ)
今日も自慢の脳細胞をフル回転させ、実験を続けるデクスター。

しかし、脳ミソが使いすぎでオーバーヒート気味になってしまう!その事態を避けるため、脳は機能停止。

そのせいでデクスターは、すっかりおバカになってしまうのだった・・・。


(解説)
地上波では放送できない話、その1(笑)。だって・・・デクスターが・・・キ○ガイになるんだもん!そして、その後のデクスターの暴走ぷりが、今回の見所。

冒頭のデクスターの脳の中のシーンは、どこぞの原発をほうふつとさせますなあ。


第6話
(#6)
「恐怖の部屋」
(原題:Dee Dee's Room)

(あらすじ)
デクスターのラボから、パン切りナイフがきえた・・・。

デクスターは必死になって行方を探したが、どうしても見つからない。そしてデクスターは、ある恐ろしい結論に達した・・・。ナイフはディディの部屋にあるのだ・・・!!

デクスターはナイフを取り戻すべく、ディディの部屋に侵入する事を決意する・・・。そうあの「恐怖の部屋」に・・・!


(解説)
それでデクスターはディディの部屋に進入するんだけど・・・、それがまた大げさ!あたかも人跡未踏のジャングルにでも行くかのごとく。まあ、部屋の中では、ジャングル以上の大冒険が待っているんだけど・・・。でもこの大げさなのが、「デクスターズラボ」の魅力なんだよねえ。

そんなわけで、ディディの部屋での大冒険が今回の最大の見所。ほとんどデクスターの一人語りで話が進んでいくのも、いい味出しています。

「宇宙のハンター」
(原題:Huntor)

(あらすじ)
ある日モンキーが宇宙人にさらわれる!犯人は「宇宙のハンター」。

彼は様々な動物やヒーローをハントするのが趣味なのだ。そして今度はそのターゲットを我らがスーパーモンキーに定めたのだった!

ハニーデューと防衛軍の長官と人質にとられ、モンキーはどう闘うのか・・・?


(解説)
今回の最大の見所は、やはりハンター対モンキーでしょうか?かたやハイテクを駆使するハンターと、野生に返り、大自然を味方に闘うモンキー。果たして勝利はどちらの手に?

そういえば、今回は「スーパーモンキー」にしては、珍しくディディが出てきますね。

「生命の神秘」
「巨大モンスター ディディ」
(原題:The Big Sister)
 
(あらすじ)
実験に使うための、特製のチョコチップクッキーが完成!

しかし案の定ディディが欲しがる始末。もちろんあげるわけにはいかないのだけれど、すったもんだの末に、クッキーは結局ディディに食べられてしまう。するとディディが巨大化し始めた!

街へ行き暴れる(遊んでいる)ディディ。そしてディディを退治するために、とうとうデクスターが巨大ロボで出撃するのだった!!


(解説)
今回の見所は、やはり巨大ディディの暴れっぷりでしょう!そしてそれに触発されるがごとく出現したデクスターロボ!この2体の闘いやいかに・・・!

巨大になっても常に遊んでいる(つもりの)ディディ。この辺りが、ディディというキャラクターの最大の魅力なのでしょうね。

ちなみにこの話もパイロットフィルム(ホワットアカートゥーン) として制作されたお話です。


第7話
(#7)
「ちびっ子ヒーローを探せ」
(原題:Star Spangled Sidekicks)

(あらすじ)
グローリー少佐のテレビを見て、興奮しているデクスターとディディ。と、グローリー少佐が相棒のちびっ子ヒーローを募集している。

「少佐の助手になるのは自分だ!」と二人は張り切り、それぞれのコスチュームを作り、少佐の下へと赴くのであった!


(解説)
やはり今回の見所は、ちびっ子ヒーローとなった、デクスターとディディの活躍でしょうか?ドクター・ディアボロスの軍団なんか、ひとたまりもありませんね(笑)。
「みんなのヒーロークラブ」
(原題:V Super Pals)
 
(あらすじ)
今日も町の平和を守る、我らがジャスティスフレンズ。

それぞれに活躍を終えて、それぞれマンションに帰ってくる。しかし実は彼らはそれぞれ違うテレビを見ようとしていたのだ。

かくして今ここにヒーロー達の、壮絶なるチャンネル争いが始まる・・・。


(解説)
いよいよ登場の「ジャスティスフレンズ」であります。まず今回は、軽い紹介編といった所でしょうか?

見所は、やはりそれぞれの活躍でしょうか?実に三者三様の、個性的な活躍であります。

「ロボットダンス」
「ゲームオーバー」
(原題:Game Over)

(あらすじ)
ディディとゲームで対戦しているデクスター。しかしこてんぱんに負けてしまう。

機嫌を悪くしたデクスターは、ラボにこもってしまうのだがしかし、ラボのコンピューターが、パパの買ってきた昔のゲームに乗っ取られてしまう。

更にデクスターがゲームの世界の中に閉じ込められてしまう!この危機を救うのは果たして・・・?


(解説)
デクスターはどうやらテレビゲームも苦手のようで。もっとも相手がディディだからなのかも知れませんが・・・。

そして見所は、ゲーム世界の中のデクスター。良く見ると、色々なゲームのパロディがあって面白いです。パックマンやらテトリスやら・・・。


第8話
(#8)
「ベビーシッターが来るよ!」
(原題:Babysitter Blues)
 
(あらすじ)
なにやらデクスターが落ち着かない様子。それもそのはず、今日はママとパパがお出かけなので、大好きなベビーシッターのリサが来るのだ。

そうこうしている内にリサがやって来て、デクスターは大喜び。しかしリサには彼氏がいることが判明!

落胆するデクスターだったが、科学力でリサと彼氏を別れさせようと企むのだった・・・。


(解説)
ベビーシッターって・・・、まあ、デクスターはまだ小学生ですから。もっともその割には、かなり腹黒いところを今回見せ付けてくれます(笑)。

見どころは、デクスターの策略にはまり「何か」を延々と探し続けるディディ。果たして彼女が最後に見つけたモノは・・・?

「バルヘーレンの部屋」
(原題:Valhallen's Room)

(あらすじ)
朝食を食べようとする少佐とクランク。しかしバルヘーレンが起きてこない。

様子を見に行った二人は、ギターを失いそのせいでパワーを無くしかけているバルヘーレンを発見。このままではバルヘーレンの命が危ない!そこで二人はギターを探すのだが・・・。


(解説)
今回の見所は、サブタイトルにもなっている「バルヘーレンの部屋」でしょうか?一体あのスペースのどこにこんな広大な空間が・・・(笑)。

そしてバルヘーレンのパワーの源が、そのギターにある事も分かります。果たして少佐とクランクは、バルヘーレンのギターを見つける事が出来るのでしょうか・・・?

「あれ何?」
「夢で会いましょう」
(原題:Dream Machine)
 
(あらすじ)
最近、悪夢を見てばかりのデクスター。このままでは日常生活にも支障をきたす。

そこで夢製造機を使って、いい夢を見ようとするのだが・・・。


(解説)
今回はほとんどが「夢」。そのためか、全編不条理な展開が続きますが、逆にそれが見所。果たしてデクスターにとっての「悪夢」とは?やっぱり・・・ですよね(笑)。