×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

デクスターズラボ全話ガイド6




第21話
(#21)
「フィッシーよ安らかに」
(原題:Filet of Soul)

(あらすじ)
デクスター達のペットの金魚のフィッシーが死んだ。

泣く泣くお葬式をしてあげるも、フィッシーの遺体をトイレに流すのを嫌がるディディ。ところがそのせいで、フィッシーの幽霊が出てきてしまった!!


(解説)
いくらなんでも金魚の遺体をトイレに流すのは、どうかと思うんですけどねえ(笑)。そんな事をするから下水道にワニがはびこったりするんですわ。

さて今回の見所は、やはりディディとデクスターの幽霊退治でしょうか。特にデクスターはゴーストバスターズに扮してくれます。

「ブタちゃんブーブー」

「夢のゴールドディスク」
(原題:Golden Diskette)

(あらすじ)
ゴールドディスク、それは憧れの大天才科学者、ホーク教授に会うために必要なチケット!

デクスターは必死にゴールドディスクを当てようとするが、なんとよりにもよってディディに当たってしまう。

そこでデクスターはディディに頼んで一緒にホーク教授の所へ連れていってもらうが・・・。


(解説)
今回は全体通してミュージカルとなっています。なので唄うデクスターやディディを楽しみましょう。

ところで、この「ホーク教授」ってのは、もしかして「ホーキング博士」の事なのでしょうかね?

(2001.12.1 追記)
「CARTOONS!」(リンクページ参照)主催のゆずのきさんの情報によると、この話は児童文学の「チョコレート工場のひみつ」が元ネタではないかとの事。そしてこの文学は映画にもなっていて、その映画のタイトルが「夢のチョコレート工場」なのですが、どうやらビデオになっているそうです(原作は「ひみつ」。こちらは「夢の」。おそらくこれがモデルになった?)。で、早速調べて見ました。話のあらすじは…

「ウィリー・ワンカのチョコレートは、とってもおいしいので世界中の子供たちに大人気。ライバル会社が何と かその秘密を盗もうと躍起になったため、ワンカは遂に工場を閉鎖してしまった。

ところが3年後においしいお 菓子作りを再会したのに何故か工場の門は固く閉ざされたまま。ワンカの工場は謎に包まれていた。

ある日、 ワンカのチョコレートに5枚だけ入れられた、“金の券”を見つけた人には秘密の工場にご招待、という告知が 出されたため世界中のワンカのチョコレートはあっという間に売り切れ、どんどん出荷してもまだまだ足りな い異常人気を呼んだ。

人々の羨望の的となったラッキーな5人は、食いしん坊のオーガスタス、TVっ子のマイ ク、そして貧しいけど心優しいチャーリー。家族をひとり同伴できるので、母親や父親と、チャーリーはジョ ーおじいさんと一緒に合計10人がワンカに迎えられて工場へと入っていった。おいしいお菓子が作られる夢の 世界への旅のはじまり。

でも本当の秘密はまだまだこれから。」

てな感じだそうです。「5人」「家族をひとり同伴できる」ってあたり、にやりとしますね(笑)。

こちらをクリックしていただければビデオの情報があります。


第22話
(#22)
「雪玉の戦士」
(原題:Snowdown)

(あらすじ)
町に雪が積もった! デクスターが雪の中を歩いていると、ディディに雪玉をぶつけられてしまう。それを見ていたパパが、デクスターに雪玉戦士としての特訓を施す。

そう、パパこそは、伝説の雪玉戦士だったのだ!


(解説)
パパの魅力が炸裂する話であります(笑)。

やはり今回の見所は、雪玉勝負でしょうか?果たしてデクスターはディディに勝てるのか?そしてパパを打ち破った、もう一人の雪玉戦士とは??

「本当の友情って?」
(原題:Figure Not Included)
 
(あらすじ)
それいけグローリー少佐隊。彼らは全員少佐人形を持っているのだ。

デクスターも勿論グローリー少佐隊に入れてもらいたいのだが、少佐人形をもってないので断られてしまう。

そこでデクスターは自分でグローリー少佐人形を作り出すのだが・・・。


(解説)
見所は、やっぱりどんどん過激なギミックになっていく、グローリー少佐人形でしょうか?なんかもう最後の方では、とんでもない事になっていますけども・・・。

果たして「本当の友情」ってなんでしょうか?いや「友情より大切な物」ってなんでしょうか?それはこのお話を見ればわかります(大爆笑)。

でも、このオチの次の話が・・・(笑)

「動物図鑑」
「栄光のモック5」
(原題:Mock 5)
 
(あらすじ)
もうすぐアマチュア子供ダービーが開催される。

デクスターは出場しようとするが、パパに止められる。それもそのはず、以前その大会に参加した姉のディディは事故で行方不明になってしまったからだ。

そこで一計を案じ、マシンを改造して事故をおこさないようにするデクスターとパパであったが、その前にマンダークの罠が忍び寄っていた。

そしていよいよレース当日になった・・・。


(解説)
今から数年前、アメリカで何故か「マッハGO!GO!GO!」(旧作)が大ブレイクしたことがあった。この話は(おそらく)それを受けたもので、全編「マッハ」のパロディとなっています。

ディディが目の前にいるのに、何故か「行方不明」と言い出すし、衣装もいつのまにか「マッハ」の物になっているし、動きまで真似してしまっているし、車のデザインとか、もうそのまんま!これはある意味問題作(笑)?「著作権の侵害ってヤツ」か(爆笑)?

是非タツノコプロ関係者に見せてあげたいです。

(2004.9.23追記)
さらにその後の研究で、この作品は厳密には 「マッハGO!GO!GO!」のパロディでは無く、「マッハGO!GO!GO!」がアメリカで放送された際の「Speed Racer」のパロディである、という事に気付かされました。詳しくはこちらを参照していただければ解るのですが、あの独特の喋り方などは特にそう考えないと説明がつかないようです。
まあつまり一筋縄ではいかない、って事ですよね。


第23話
(#23)
「大きくなりたい」
(原題:Ewww That's Growth)

(あらすじ)
今日は楽しいカーニバルの日。早速出かけるデクスターファミリー。

そこでジェットコースターに乗ろうとするが、デクスターは背が低すぎるために、身長制限で乗れなかった。なんとしてもジェットコースターに乗りたいデクスターは、自分の身長を伸ばして、コースターに乗ろうとする・・・。


(解説)
え〜、あらかじめ言っておきます。この話、途中でオチがわかります。でも、でもなのです、それでもオチを見た時、あなたは必ずや(いい意味で)裏切られるでしょう。

このセンスはねえ、日本人アニメクリエーターは、見習うべきでしょう。いやマジで。

「核ボールを取り戻せ」
(原題:Nuclear Confusion)

(あらすじ)
デクスターの最高傑作「核ボール」が完成した。

早速それを使って読書しようとするが、ボールがディディに盗まれた!このままでは1時間でメルトダウンしてしまう!早く取り返さないと、とんでもない事になってしまう!

そこでデクスターは、ディディから出されるヒントを元に、核ボールの在り処を探し出すのだったが・・・。


(解説)
今回は、ある意味ディディとの知恵くらべ。「核ボール」を取り返すために東奔西走するデクスターをお楽しみあれ。

しかし物騒な発明をしょーもない事に使ってしまう。そのバカバカしさが、なんとも言えませんね。

「サリチル酸ヒドロキシルアミン」
「ウイルスの襲来」
(原題:Germ Warfare)
 
(あらすじ)
デクスター以外の家族全員がインフルエンザになってしまった。

ラボの汚染を恐れたデクスターは、慌ててラボへ行くが、そこにはハンカチを探すディディの姿があった・・・。


(解説)
やはり見所は、ラボにウイルスを撒き散らすディディと、それを阻止せんとするデクスターの闘いでしょうか?もっとも、ディディの方が優勢のようですが・・・。

第24話
(#24)
「今日も絶好の科学日和」
(原題:A Hard Day's Day)
 
(あらすじ)
今日も絶好の科学日和。何の実験をやっても成功する、まさに絶好調であった。

そんな日が何日か続いたデクスター。しかしある朝、目覚めると、何かが違う。絶不調になってしまったのだ。

ディディの占星術によると、デクスターの星座であるヤギ座と、土星の間に月が入ってしまったかららしい・・・。


(解説)
今回の見所は、やはりとことん悲惨な目に遭うデクスターでしょうか?全裸にまでなってしまう辺り、可哀想なのですが、思わず笑ってしまいますね(笑)。

そしてこのオチ。このナンセンスさが、「デクスターズラボ」の最大の魅力の一つである事は間違いないでしょうね。

「自転車はキライ」
(原題:Road Rash)
 
(あらすじ)
デクスターのために自転車を買ってくるパパ。しかしデクスターは外なんかで遊びたくないので、とても不満そう。

だがひょんな事から、自転車を使った、ディディとのおいかけっこが始まった・・・。


(解説)
いつもの追いかけっこを、自転車を使ってやったという話です。なんでその追いかけっこを、ひたすら楽しむのが一番いいでしょうね(笑)。もはや言う事はなにもありません。
「あれ何?」
「海は大騒ぎ」
(原題:Ocean Conmotion)

(あらすじ)
海にやってきたデクスター一家。

さっそく人魚水着を着て、泳ぐディディ。対して、海に来てまで実験を始めるデクスター。

ところがそうこうしている内に、ディディが海賊に捕まった!デクスターはディディの救出に向かうのだったが・・・。


(解説)
今回は海が舞台です。見所は、やはり後半の海賊達とのバトルでしょうか?入り乱れての大乱戦ですね。

あとディディの人魚水着もポイントかと。でもこれって泳ぎにくいような気がするけどなあ・・・?