×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

デクスターズラボ全話ガイド10




第37話
(#37)
「飼い犬騒動」
(原題:Dexter's Lab: A Story)
 
(あらすじ)
外を歩いていたら、イヌになつかれてしまったデクスター。その犬はなんとラボまでついてきてしまう始末。

始めは嫌がるデクスターだったが、イヌがディディを追い払ってくれたのを見て、飼ってやる事にした。

だがしかしイヌとコミュニケーションが取れない事に不満を持ったデクスターは、イヌに人間の言葉を理解できる薬を飲ませてやるのだが・・・。


(解説)
確かに、もしもイヌが人間の言葉を喋れるとしたら、こんな感じにしゃべっているのかも知れませんね。

見所は、ディディ対イヌ。確かにディディのシルエットは骨っぽいですね(笑)。

あれそういえば、デクスター家って、もともとイヌを飼っていませんでしたっけ?

(2004.11.20追記)
さてこの話の原題は「Dexter's Lab: A Story」となっています。何故サブタイトルに「Dexter's Lab」なんて入っているんだろう?とずっと思っていたんですが、この程ようやく謎が解けました。
実は英語圏ではラブラドール(Labrador)・レトリバーのことを「Lab」と言うそうなのです。つまり今回登場する犬は「ラブラドール・レトリバー」の事なのですよ。
つまり今回の「Dexter's Lab」は「デクスターのラボ」という意味では無く、「デクスターのラブラドール」という意味なのですね。

「デクスター家とデスクトール一家」
(原題:Coupon For Craziness)
 
(あらすじ)
ある日の買い物。デクスターは、自分の家族のおバカぶりにほとほとあきれていた。

丁度その頃、同じスーパーに、デスクトールー家が来ていた。デスクトールー家は、デクスター家にそっくりな家族。でもデクスター家とは逆に、両親が知的で、息子のデスクトールーがおバカだった。

そのデスクトールーとデクスターが、入れ替わってしまったから、さあ大変!!


(解説)
デクスター家となにもかも対照的な、デスクトールー家。でも何故か姉がいない。そんなデスクトール一家とデクスターのやり取りが見所でしょう。

本来は、デクスターはこういった生活を望んでいたはずなのだろうけど、いざそれが実現すると・・・?やはり夢は夢のままがいいという事なのかな?

個人的に好きなのは、デクスター家の買い物シーン。すっげえおバカ(笑)。

「動物図鑑」
「水なんてこわくない」
(原題:Better Off Wet)
 
(あらすじ)
今日は良く晴れた、絶好のプール日和。

デクスターも泳ごうとするのだが、その時、今までパパにプールに突き落とされた、恐怖の記憶が甦る・・・。


(解説)
見所は、デクスターをプールに突き落とそうとするパパでしょうか?パパとしては悪気は無いのかも知れないけど、やはり泳げない人間にとっては、怖い事ですよね。・・・って、どうやらパパは狙ってやっていたようですね(笑)。

個人的なポイントは、ディディ、ミィミィ、リィリィのシンクロナイズドスイミング。良く似ている三人ですね、しかし。


第38話
(#38)
「デクスター最後の日」
(原題:Critical Gas)

(あらすじ)
今日も実験にいそしむデクスター。

お昼になったので、バカデカブリトーを注文して食べる。と、突然お腹の調子がおかしくなる。どうやら体内にガスがたまったらしい。

このままガスがたまり続けるとどうなるか、風船で実験した所、風船は破裂・・・。ああ、デクスターの運命やいかに!


(解説)
もうオチがバレバレなんだけど、だからこそ面白い話。

なんといってもデクスターが、死ぬ前にやっておかないといけない事が、実にくだらなく楽しい。タップダンスなんかねえ・・・。

でも最大の見所は、コンピューターとの別れのシーン。なんだか恋人と別れているようで、涙なくしては見れません。

「地球を救おう!」
(原題:Let's Save the World You Jerk!)

(あらすじ)
地球に巨大隕石接近!デクスターはロボットで出撃!これを破壊!

と、今度は大量の隕石群が接近!さすがのデクスターもひとたまりもない!

そこでデクスターは地球を救うため、仕方なくライバルであるマンダークに協力を頼むのだが・・・。


(解説)
久しぶりのマンダーク。地球の危機に、ライバルと手を合わせ立ち向かう!・・・てな話ではないのがポイント。

後半出てくるロボットのすさまじい変形が見所ですね。でもこういう変形は実にアニメらしくて大好きです。

そしてこのラスト!ああ、地球が・・・(涙)。

「アイスの作り方」
「ふつうの子」
(原題:Average Joe)

(あらすじ)
学校で知能テストを受けるデクスター。 当然結果に対し自信満々だったのだが、結果はなんと「ふつうの子」。

悲しみにくれるデクスターは、ヤケを起こし、ふつうの子として生きる決心をする。


(解説)
今回は、デクスターが「ふつうの子」として生きるというお話。しかしアメリカの平均的な少年は、あのような生活をしているのでしょうか?それがちょっとひっかかりますね。 そういえば気のせいか「ビーバス&バッドヘッド」を彷彿とさせるような…?

個人的に注目したいのが、デクスターが学校を飛び出してくるシーン。紙切れ一枚でそれを表現してしまっている所に、相変わらずセンスの良さをうかがい知る事が出来ます。


第39話
(#39)
「偉大なる大統領」
(原題:Rushmore Rumble)
 
(あらすじ)
歴史の時間。サウスダコタ州にある、大統領の石像について学ぶデクスターとマンダーク。

デクスターの一言で、マンダークは、その石像の中の一つ、ワシントンを動かす事に成功。デクスターのラボを破壊する。

怒ったデクスターは、対抗するためにリンカーンを動かす。そして今ここに、二人の大統領の熱いバトルが始まる・・・!


(解説)
もう今回の見所は、ワシントンとリンカーンの石像の大バトル。これに尽きます。

他にも「デクスターのデクスターによるデクスターのためのラボ」「大統領は国民のために働くんだろ?」などの名セリフも多数あり(笑)。

もしもこれを日本で作るとしたら、何になるんだろう?奈良の大仏VS鎌倉大仏?ちょっと違うかなあ?

「少年と虫」
(原題:A Boy and His Bug)
 
(あらすじ)
ディディが破壊した機械の処理に、デクスターは手を焼いていた。

そこでデクスターはアリを改造して、金属を食べる虫「ティミー」を作り上げた。デクスターとティミーはなかよくなるがだがしかし、その幸福は長くは続かなかった・・・。


(解説)
今回の見所は、やはりデクスターとティミーの友情でしょうか?思わずホロリとさせられてしまいます。

だがしかしナレーターが何故かラテンのノリなのが謎な所。一体どういう事ですか、セニョ〜ル??

「ブタちゃんブーブー」
「ガーデニングは楽しい!」
(原題:You Vegetabeleive It!)
 
(あらすじ)
ディディの鉢植えの植物が枯れてしまった。

そこでディディはデクスターに頼み、成長促進剤をもらう。だがしかし促進剤の用量を守らなかったために、植物は巨大な人を襲う植物になってしまう!

しかもその薬を庭中にまいてしまったから、さあ大変!


(解説)
なんと言っても、今回の見所は、巨大植物対デクスターでしょうか?果たしてデクスターは勝利できるのか?

やたらと木を切りたがるパパも気になる所ではありますね。


第40話
(#40)
「見つめないで」
(原題:Aye Aye Eyes)

(あらすじ)
登校中、道で見知らぬ女の子の人形を拾ってあげたデクスター。と、何故かその女の子につきまとわれるようになってしまった。

学校にも、家にも、そしてラボの中にまで女の子はやってくるのだ!これはもしかして・・・恋ってヤツか・・・?


(解説)
見所は何と言っても、デクスターのうろたえっぷり。確かに免疫なさそうですよね。今まで女の子に迫られた事とか無さそうだし。

そしてこの女の子が、一言も喋らないのがナイス。つくづくいいセンスだと思います。

ちなみに、私(LOU)が最初に見た「デクスターズラボ」がこの話でした。

「ハサミで走ったらあぶないよ」
「ディディの代役」
(原題:Dee Dee and the Man)

(あらすじ)
今日も今日とてディディはラボで大騒ぎ。

とデクスターはディディをオフィスに呼び出し、「君なんか必要ない」と、ディディをクビにしてしまった。

怒るディディ。喜ぶデクスター。しかしだんだんと寂しくなったデクスターは、ディディの代役を募集する。


(解説)
今回前半の見所は、オフィスのシーン。ディディって、デクスターに雇われていたんですね(笑)。

デクスター大喜びのシーンは、確かに面白いんだけど、ちょっと長すぎて間延びしている気も。

そして最大の見所は、やはりディディ役のオーディションでしょうか?何やら勘違いしている人もいっぱいいるようですが・・・。