×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

デクスターズラボ全話ガイド11




第41話
(#47)
「巨大ロボ出撃」
(原題:Big Bots)

(あらすじ)
巨大ロボに乗ったデクスターが帰ってきた。今日もまた世界の平和を守るために大活躍をしたのだった。

その話を聞くと、ディディは自分もデクスターみたいな巨大ロボが欲しいと、ねだりはじめる。デクスターは一度は拒否するが、ディディの計略にはまり、結局ディディ専用の巨大ロボを作り上げる。

と、そこへ火山噴火の警報が!ディディロボ出撃だ!


(解説)
ロボ大活躍!の話です。どことなくジャパニメーションの影響がうかがい知れるのが興味深いですよね。

やはり見所は、デクスターロボ対ディディロボ。そんな事をしている場合じゃあ無いでしょうに・・・。

「惑星からの物体G(グリーン)」
(原題:Gooey Aliens That Control Your Mind)

(あらすじ)
ある夜、宇宙から緑色のアメーバが降って来た。

デクスターはそいつを研究材料にしようと捕獲するのだったが、そいつはデクスターの研究室を逃げ出し、パパやママ、そしてディディにとりつき、エイリアン転送機を作ろうとする。

このままでは大量のエイリアンがやってきてしまう!どうするデクスター?


(解説)
やはり今回の見所は、宇宙人に取り付かれてしまったパパやママでしょう。怪しい!怪しすぎるぞ(笑)!!

そしてデクスター、いくら宇宙人の侵略を食い止めるためとは言え・・・それはちょっと・・・ねえ(笑)?

「ロボットダンス」
「宇宙の迷い子(まよいご)」
(原題:Misplaced in Space)

(あらすじ)
・・・ここはどこだろう・・・。何故こんな所にいるんだろう・・・。デクスターは今、どういうわけか宇宙の彼方で捕らわれの身となっていた。

その頃地球では、ディディがデクスターを探していたのであった・・・。


(解説)
見所は二つ。まずデクスターを探し回るディディ。さすがにそこはどうかと・・・という所まで探します。

それから次がデクスターを助けに行く、ディディの活躍ですな。こういう時のディディは強いですね〜。

ところで、デクスターを探すシーンで、コンピューターが「ディディ、それは箱です」っていうシーンがあるんですけど、これはもしやデクスターの略称の「DEX」と箱の「BOX」の洒落なのでしょうか?


第42話
(#41)
「人類の夜明け」
(原題:Old Flame)
 
(あらすじ)
今日も今日とてラボで新しい発明をするデクスター。

こんな素晴らしい発明が出来るのも、この「火」のおかげ。そこでデクスターは「火」を発明した人にお礼をする事を思いつく。

そしてデクスターはタイムマシンで、「火」を発明した原始人をラボに招待するのだったが・・・。


(解説)
原始人としてみれば、いきなりこんな超未来に連れてこられて、そりゃあ迷惑な話なんですよね(笑)。

見所は、その原始人と難なくコミュニケーションを取ってしまうディディ。ある意味、精神構造が似ているのでしょう(笑)。

「スーパーヒーローへの道」
(原題:Don't Be a Hero)
 
(あらすじ)
ラボにてコミックを読んでいるデクスター。

グローリー少佐のコミックを読んでいる内に、自分もスーパーヒーローになりたくなったきた。そこでありとあらゆる方法でヒーローとなるべく努力するのだが・・・。


(解説)
見所は、スーパーヒーローになるべく努力するデクスターの奮闘ぶり。様々なヒーローが出るけど、大体元ネタがあります。中には、何の役にもたたないヒーローもいたりして・・・。

ところでパパとママが見ているテレビに映っているのって・・・?

「ジャスティスフルーツパイ」
「火星人ディディ」
(原題:My Favorite Martian)
 
(あらすじ)
火星の石を調査中、原始的生物の存在を確認するデクスター。もしや高等な生物もいるのではないかと思い、さっそく火星に調査に向かう。

が、そのロケットの中に、例によって例のごとくディディが忍び込んでいた。

さらに偶然が重なり、ディディは火星人と間違われてしまった!


(解説)
で、この時ディディがなってしまう火星人が、さっきの話で、パパとママが見ていたテレビに映っているんですよね。狙ったのかな?

火星の石から、原始的生物の痕跡が見つかった、っていうニュースは、数年前に本当にあったけど、それをうけての話なんでしょうね、やっぱり

そういうわけで今日の見所は、火星人ディディとデクスターのやり取り。もちろんデクスターはディディと気付いていないわけで、だからこそ面白みが増してきます。

ところで、ディディは宇宙服を着ていない気がするんですけど・・・?


第43話
(#42)
「忍法!新聞配達の術」
(原題:Paper Route Bout)

(あらすじ)
謎の新聞配達忍者集団。彼らのせいで街の人は大迷惑。

そこでディディが忍者達と新聞配達勝負をする事になった。果たしてディディは彼らに勝利する事が出来るのか?


(解説)
今回は、見ている限り、どうも何かのパロディなんじゃないか?と思えるんですけど、それがなんなのかよくわからないのです。情報募集中。

見所は、ディディと新聞配達忍者のバトルでしょうか?行き詰る熱戦ですね。

個人的には、冒頭忍者達にやられて倒れている人達の描写が好きですね。血しぶきをコーヒーで代わりに表現するあたりがセンスいいと思いますよ。

「パパの優勝トロフィー」
(原題:The Old Switcharooms)

(あらすじ)
パパの大事なボーリング大会優勝トロフィー。しかしデクスターとディディに、あっさりと壊されてしまった。

怒ったパパは、デクスターとディディに、罰として今日一日お互いの部屋を入れ替わるように命令する。

困ったのはデクスター。ディディがラボに入って、なにをするもんだかわかったもんじゃない。何とかしてラボへ行こうとするが・・・。


(解説)
見所は、なんといってもラボを壊されるかもしれないと、おびえるデクスターの妄想でしょうね。さすがにディディでも、そこまではやらないと思いますが(笑)。

今回も後半のデクスターが通気孔を進むシーンなんか、いかにもパロディって感じなのですけど、元ネタがわかりません。情報募集中。

「サリチル酸ヒドロキシルアミン」
「秘密小屋の謎」
(原題:Trick or Treehouse)

(あらすじ)
今日も実験中のデクスター。

と、突然「ガンガン」という大きな音が鳴り響く。原因を追究すると、それはディディが木の上でなにやら作っている音だったが、何を作っているのかディディは教えてくれない。

ディディの行動が気になってしょうがないデクスターは、なんとかして秘密を探ろうとするのだったが・・・。


(解説)
見所は、デクスターの、気になって気になってしょうがない所でしょうか。誰にも邪魔されずに研究を続けたい、と言っているくせに、いざとなると周囲が気になってしょうがない。まあ、判らなくもない心理ですけどもね。

ところで今回のオチで、デクスターは何故パンの箱の中に入らねばいけないのでしょうか?自分にはちょっと判りません。情報募集中です(って今回こればっかだね)。


第44話
(#43)
「お願い眠らせて」
(原題:Quiet Riot)
 
(あらすじ)
今日も実験に励むデクスター。

気がつくと、もう朝の五時。どうやら徹夜してしまったようだ。疲れ果て眠ろうとするのだが、そこへディディがやってきた。

デクスターは、ディディに「ゆっくり眠らせて」と頼む。そこでディディは、デクスターが眠れるように、静かにしようとするのだったが・・・。


(解説)
もう今回は何も言う事なし!ただひたすらに眠ろうとするデクスターと、デクスターを眠らせてあげよう(?)とするディディの奮闘ぶりを楽しんでください。それが今回最大の見所ですので。
「変なしゃべり方するな」
(原題:Accent You Hate)
 
(あらすじ)
デクスターと友人は学校で、変なしゃべり方が嫌いな男の子にからまれる。そして「変なしゃべり方をやめないと、ぶんなぐる!」と脅かされる。

そして放課後までになんとかしゃべり方を直そうと、デクスター達は努力するのだったが・・・。


(解説)
やはり今回の見所は、デクスターとその友達を始めとする、「変なしゃべり方」をするキャラクター達でしょうか?特にアメリカは他民族国家ですので、そういった各国の「なまり」には敏感なのでしょう。今回の話は、そういった下地があった上で出来たものでしょうね、きっと。 そういった意味では、日本語では面白さ半減なのでしょうけど、制作スタッフの方達がなんとか面白くしよう!と奮闘している姿がうかがえるのがまた興味深いですよね。

デクスター達の、しゃべり方を直そうと必死に努力する様には、思わず同情してしまいます。

「アイスの作り方」
「今日は釣り日和」
(原題:Catch of the Day)
 
(あらすじ)
「釣りに行こう!」パパが早朝から、デクスターを無理矢理起こす。

しかしなんだかんだで釣りには行けず、パパには毎朝起こされる。今日こそ終りにしてやるぞと、デクスターは意気込むが・・・。


(解説)
今回は、パパとデクスターのやりとりを楽しめばいいでしょう。それだけで十分楽しめます。

見所は、ラボの存在がパパにバレそうになるシーン。ウサギパジャマを着るわ、ロケットは飛び出しそうになるわで、もう大変(笑)。