×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

デクスターズラボ全話ガイド4




第13話
(#13)
「ディディのプカプカスーツ」
(原題:Inflata Dee Dee)

(あらすじ)
今日も今日とてデクスターのラボへ侵入してくるディディ。

と、そこでプラズマ空中遊泳スーツなるものを発見。デクスターの制止を振り切って、さっそく着てみると、なんとプカプカ浮けるではないか!

かくして今ここに、プカプカ浮いているディディと、それを阻止せんとするデクスターの闘いが始まった・・・。


(解説)
今回は徹底的なドタバタアニメ。なんで、そのドタバタっぷりを心行くまで楽しみましょう。

なんといいますか、「ルーニーテューンズ」に出てくるロードランナーとワイリーコヨーテを彷彿とさせますね。

「眠れない」
(原題:Can't Nap)

(あらすじ)
悪者と戦うバルヘーレン。しかしギターを取られてピンチに陥ってしまう!そのピンチを救ったのは、ヒーローのホワイトタイガー!

バルヘーレンは命を救ってくれたお礼に、ホワイトタイガーをマンションに招待する。

ところがグローリー少佐が猫アレルギーであったため、クランク共々ホワイトタイガーの追い出し作戦にかかるのであった・・・。


(解説)
この話もドタバタ。少佐、クランクとホワイトタイガーの追いかけっこを、心行くまで楽しみましょう。それが一番正しい見方ですね(笑)。

ところで少佐がタイガーに放り出されて、ドアを叩きながら「ウィルマー!」と叫ぶシーンは「原始家族フリントストーン」のエンディングのパロディですな。

「ジャスティスフルーツパイ」
「怪獣大戦争」
(原題:Monstory)

(あらすじ)
今日もデクスターは実験中。

そこへ例によってディディがやってきて、くだらないおしゃべりを始める。

なんとかやめさせようと、デクスターはだまり薬をディディに飲ませる。しかし、間違えて怪獣になる薬を飲ませてしまった!ディディは怪獣になってしまい大暴れ。

そこでデクスターもディディに対抗するために、薬を飲んで怪獣になるのだった・・・。


(解説)
なんか今回はみんなドタバタだなあ・・・ってそんなことを言ったら、全部ドタバタか。しかし怪獣になってのドタバタって・・・、もはや言うことないです。

そんなわけで、ディディとデクスター、二大怪獣の激突が今回最大の見所であります。しかしスケールの大きな兄弟ゲンカだね・・・。

ところで「ビルに2匹以上登ってはいけない」ってセリフは映画「キングコング」を受けてのセリフですな。


第14話
(#14)
「ヒゲは勇者のシンボル」
(原題:Beard To Be Feared)

(あらすじ)
TVで「アクションハンク」を見るデクスター。だがしかし怖い場面で震えるデクスターに対し、ディディは「あんたはハンクと違って男らしくないわね」と言う。

そこでデクスターは男らしくなるために、ハンクの真似をして、ヒゲを生やすのだったが、どういわけかハンクに間違えられてしまい、犯罪組織と戦う羽目になってしまうのだった!


(解説)
「アクションハンク」ってのはグローリー少佐と同じく、デクスター世界に実在するヒーローです。

見所は、ハンクとのヒゲを使った共同戦線。実にカートゥーンらしい、バカバカしい戦いですね(笑)。

ところでデクスターが町を歩くシーンで「宇宙家族ジェトソン」のジョージと「原始家族フリントストーン」フレッドが歩いてます。注意して見ていましょう。

「モンキーVSダッキー」
(原題:Quackor The Fowl)
 
(あらすじ)
明日は研究発表の日。デクスターもマンダークも、お互いに負けないように必死であった。

デクスターはモンキーをスーパーモンキーにして、発表しようとするが上手くいかない。一方、マンダークも(あひるの)ダッキーをクワッカにしようとするのだが、やはりうまくいかない。

しかし実は、ダッキーこそが本物のクワッカだったのだ!そしてデクスターのラボを破壊しに来たクワッキーとモンキーの一大決戦が今始まる!


(解説)
デクスターのモンキーに対し、マンダークにもダッキーってのがいるってのがポイントですね。

やはり見所はダッキーとモンキーのバトルなのですが・・・ギャーギャーうるさい!

「ジャスティスフルーツパイ」
「アリさんに変身!」
(原題:Ant Pants)
 
(あらすじ)
ディディの食べ散らかしたケーキによってくるアリ達。ディディは気味わるがるが、デクスターは「アリはとっても働き者なんだ。ディディよりね」と言う。

そして二人はアリの生活を見学しにいくが、デクスターがアリに捕まってしまう。


(解説)
何やら教育番組のニオイがしますが、そうはいかないのが「デクスターズラボ」。アリの世界も人間の世界と同様に、色々とあるようですね。

見所は、やはり巨大アリとのバトルなのですけど・・・あの巨大アリは、あのサイズだと人間くらいの大きさになるのでは?


第15話
(#15)
「ママ&ジェリー」
(原題:Mom and Jerry)

(あらすじ)
モンキーとマウスの脳の入れ換え実験をしているデクスター。しかしひょんな事から、デクスターとマウスの脳が入れ替わってしまう。

そしてネズミになったデクスターは、ママのいるキッチンに落ちてしまい、ママとの追いかけっこを繰り広げる事になってしまった!


(解説)
この話はタイトルからもわかるように、「トム&ジェリー」のパロディですな。そんなわけでして、ママとデクスターネズミの追いかけっこを楽しんでください。それが今回の見所です。
「チャビーのレストラン」
(原題:Chubby Cheese)

(あらすじ)
デクスター一家はチャビーのピザレストランにやってきた。

(デクスターはそうでもなかったが)ショーを楽しんだ後、ディディとデクスターはゲームコーナーへ。デクスターは、モグラたたきに勝つために、減速機を作り大勝利!しかしそのイカサマがばれてしまい、デクスターは闇の中へと連れ去られてしまう。

そしてデクスターを待っていたのは、謎の組織だった・・・。


(解説)
この話を見て思うのは、この「組織」が結局なんなのか、まるで分からないという事(笑)。でも分からないからいいのかも?

そう言えば、ラスベガスで、ガッポリかせぐと、次の日に、砂漠で死体になって見つかる、てな都市伝説があるけど、それを受けての話なのでしょうかね?

ところで、ショーの舞台上に、ハンナ・バーベラアニメのキャラが何人かいます。わかるかな?

「ロボットダンス」
「ロボットの恩返し」
(原題:That Crazy Robot)
 
(あらすじ)
ディディはふとした事から、デクスターのラボで壊れていたロボットを直してあげた。

ロボットは感謝し、ディディの言うことをなんでも聞いてくれる。しかしロボットの行動は段々エスカレートしていき、周囲に迷惑をかけるようになってしまった・・・。


(解説)
まあいわゆる一つの親切の押し売りってヤツですな。親切も、押し付けがましくなってしまうと・・・という事です。

見所は、ディディの登校準備。ディディの髪型はそうなっていたのか・・・。

オチは「なんでそうなるの?」って感じだが、それがまた「デクスターズラボ」らしいですね(笑)。


第16話
(#16)
「ディディはダンジョンマスター」
(原題:D & DD)

(あらすじ)
デクスターは、友達とRPGをやっている。

本当はデクスターがダンジョンマスターだったのが、デクスターがわがままし放題のために、ディディがダンジョンマスターをやる事に。そしてディディの考えたゲームが始まった・・・。


(解説)
本来、こういう風にやるのを(テーブルトーク)RPGと言うのです。まあ、手の混んだ「ごっこ遊び」ですな。ちなみにこの手の物で一番有名なシリーズを「D&D」というのですが、それが英語原題の元ネタであります。

見所は、ディディの考えたお話。まあ実に女の子らしいと言いますか、ディディらしいと言いますか・・・?

「サリチル酸ヒドロキシルアミン」
「パパのアームレスリング」
(原題:Hamkocks and Armlocks)

(あらすじ)
ドライブの途中で、デクスター達が立ち寄ったレストラン。そこにはアームレスリング(腕相撲)のチャンピオンのアールがいた。

そしてふとしたことから、パパがアールと勝負することに。果たしてパパは勝負に勝てるのか??


(解説)
今回は初めてのパパが主役の話であります。なんで見所もやはりパパ。

普段はどことなく頼りなく、そして大ボケをかましてくれるパパでありますが、「やる時はやる!」という事を見せ付けてくれる話であります。

しかし・・・今に始まった事では無いんだけど、どうして腕にあんな大きな機械をつけていて、それに気付かないんだろうか・・・(笑)?